1980年代の最も重要なアメリカ人アーティストの一人として知られる、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品集。本書は、ニューヨークの 「スターレット=リーハイ・ビル(Starrett-Lehigh Building)」で2022年に開催された展覧会に伴い刊行された。本展及び本書は、作者の姉と妹であるリサーン・バスキア(Lisane Basquiat )とジェニーン・ヘリヴォー(Jeanine Heriveaux)、継母のノラ・フィッツパトリック(Nora Fitzpatrick)ら、「ジャン=ミシェル・バスキア財団(The Estate of Jean-Michel Basquiat)」を運営する家族3人によって企画された。芸術に対する努力、個人的な生活の一面、影響を受けたもの、生きた時代などを絡めながら、作者の物語を家族ならではの親密な視点から伝えた画期的な一冊。

本書は、バスキア財団が所有するこれまでほとんど未公開であった絵画、デッサン、スケッチ、エフェメラなど、200点を超える重要なコレクションを初めて取り上げている。作者の芸術史への貢献と、自身の音楽、黒人としての体験、ポップカルチャー、アフリカ系アメリカ人のスポーツ選手、文学といった多面的な文化への探究を垣間見ることができる。それと共に、作者と関わりのあった人々の個人的な回想や生の証言が、作者のアーティストとしての人生、そして今なお社会的、文化的な文脈を駆り立てているその並外れた影響力に対して独自の洞察を加えている。

作者の幼少期、形成期、アート界における急速な成長、そして早すぎる死といった、人生における重要な時期ごとに沿った構成で作られており、残された家族に対する綿密なインタビューも収録している。

MORE

¥ 10,560 (税込)

1980年代の最も重要なアメリカ人アーティストの一人として知られる、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品集。本書は、ニューヨークの 「スターレット=リーハイ・ビル(Starrett-Lehigh Building)」で2022年に開催された展覧会に伴い刊行された。本展及び本書は、作者の姉と妹であるリサーン・バスキア(Lisane Basquiat )とジェニーン・ヘリヴォー(Jeanine Heriveaux)、継母のノラ・フィッツパトリック(Nora Fitzpatrick)ら、「ジャン=ミシェル・バスキア財団(The Estate of Jean-Michel Basquiat)」を運営する家族3人によって企画された。芸術に対する努力、個人的な生活の一面、影響を受けたもの、生きた時代などを絡めながら、作者の物語を家族ならではの親密な視点から伝えた画期的な一冊。

本書は、バスキア財団が所有するこれまでほとんど未公開であった絵画、デッサン、スケッチ、エフェメラなど、200点を超える重要なコレクションを初めて取り上げている。作者の芸術史への貢献と、自身の音楽、黒人としての体験、ポップカルチャー、アフリカ系アメリカ人のスポーツ選手、文学といった多面的な文化への探究を垣間見ることができる。それと共に、作者と関わりのあった人々の個人的な回想や生の証言が、作者のアーティストとしての人生、そして今なお社会的、文化的な文脈を駆り立てているその並外れた影響力に対して独自の洞察を加えている。

作者の幼少期、形成期、アート界における急速な成長、そして早すぎる死といった、人生における重要な時期ごとに沿った構成で作られており、残された家族に対する綿密なインタビューも収録している。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 27.6 x 20.6 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100017837
出版 RIZZOLI
著者 Jean-Michel Basquiat
ISBN 9780847871872
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART PRODUCTSジャン=ミシェル・バスキアのアートプロダクト一覧