1980年代の最も重要なアメリカ人アーティストの一人として知られる、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品集。1970年代後半にニューヨーク市マンハッタン区のロウアー・イースト・サイド(Lower East Side)で活動していたグラフィティグループ「SAMO」のメンバーとして、また新表現主義のスタイルで知られる画家として、ニューヨークのアートシーンを牽引し、そのキャリアを通じて言葉とイメージの相互作用を独創的に追求してきた。1980年から1987年にかけて作者は、多くのノートにドローイングや手書きのテキストを書き込んでいた。本書では、その貴重な8冊のノートの内容が初めて再現されている。ペインティングやその他の作品に繰り返し登場するイメージや言葉が記載されており、王冠、ティピー、ハッチマークのついたハートなどの象徴的なドローイングと、文化、人種、階級、ニューヨークでの生活などをテーマにした手書きのテキストを収録。自身の他の作品と同じく、コミック、ストリート、ポップアート、ヒップホップ、政治、都市生活における儚いものへの深い関心を鮮明に示している。また現代アメリカのアート界で最もクリエイティブな存在の一人である作者の制作過程を垣間見ることができる。本作は「artnet」で企画された、2015年の「Top Ten Art Books to Read during Thanksgiving」のうちの1冊として選ばれている。

MORE

¥ 4,840 (税込)

1980年代の最も重要なアメリカ人アーティストの一人として知られる、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品集。1970年代後半にニューヨーク市マンハッタン区のロウアー・イースト・サイド(Lower East Side)で活動していたグラフィティグループ「SAMO」のメンバーとして、また新表現主義のスタイルで知られる画家として、ニューヨークのアートシーンを牽引し、そのキャリアを通じて言葉とイメージの相互作用を独創的に追求してきた。1980年から1987年にかけて作者は、多くのノートにドローイングや手書きのテキストを書き込んでいた。本書では、その貴重な8冊のノートの内容が初めて再現されている。ペインティングやその他の作品に繰り返し登場するイメージや言葉が記載されており、王冠、ティピー、ハッチマークのついたハートなどの象徴的なドローイングと、文化、人種、階級、ニューヨークでの生活などをテーマにした手書きのテキストを収録。自身の他の作品と同じく、コミック、ストリート、ポップアート、ヒップホップ、政治、都市生活における儚いものへの深い関心を鮮明に示している。また現代アメリカのアート界で最もクリエイティブな存在の一人である作者の制作過程を垣間見ることができる。本作は「artnet」で企画された、2015年の「Top Ten Art Books to Read during Thanksgiving」のうちの1冊として選ばれている。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 25.0 x 19.0 x cm
重量 400.0g
商品コード 1100008789
出版 PRINCETON UNIVERSITY PRESS
著者 Jean-Michel Basquiat
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)