1960年代から70年代にかけてニューヨークで発展したポストミニマル・アートとコンセプチュアル・アートの中心人物であるアメリカ人アーティスト、メル・ボックナー(Mel Bochner)の作品集。2017年にブリュッセルの出版社「MFC-MICHÈLE DIDIER」が運営するパリのギャラリーで開催された展覧会に伴い刊行された。本書は、2つのセクションに分けて構成されている。

第一部では、作者が1968年9月から12月にかけて制作した『Singer Notes』を正確に複写したものが収録されている。これは、ベル研究所のエンジニア、ビリー・クルーヴァー(Billy Klüver)とアメリカ人アーティストのロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg)らによって結成された「芸術と技術の実験(E.A.T.)」が主催するシンガー研究所のレジデンシーに参加した作者が期間中に制作したものであり、現地の科学者やエンジニアと交わした会話から生まれたメモやドローイング作品で構成されている。

第二部では、2013年に作者と本展のキュレーションを担当したセバスチャン・プルオ(Sébastien Pluot)が『Singer Notes』の各ページを見ながら交わした会話が記録されている。

本作は作者の重要な作品でありながら、不思議なことにほとんど知られていない。1960年代後半以降の作者の作品に多大な影響を与えることになるアイデアの萌芽が凝縮されているにもかかわらず、この作品は一般に知られていないのである。

MORE

メル・ボックナー

SINGER NOTES, 1968

2017

¥ 29,700 (税込)

1960年代から70年代にかけてニューヨークで発展したポストミニマル・アートとコンセプチュアル・アートの中心人物であるアメリカ人アーティスト、メル・ボックナー(Mel Bochner)の作品集。2017年にブリュッセルの出版社「MFC-MICHÈLE DIDIER」が運営するパリのギャラリーで開催された展覧会に伴い刊行された。本書は、2つのセクションに分けて構成されている。

第一部では、作者が1968年9月から12月にかけて制作した『Singer Notes』を正確に複写したものが収録されている。これは、ベル研究所のエンジニア、ビリー・クルーヴァー(Billy Klüver)とアメリカ人アーティストのロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg)らによって結成された「芸術と技術の実験(E.A.T.)」が主催するシンガー研究所のレジデンシーに参加した作者が期間中に制作したものであり、現地の科学者やエンジニアと交わした会話から生まれたメモやドローイング作品で構成されている。

第二部では、2013年に作者と本展のキュレーションを担当したセバスチャン・プルオ(Sébastien Pluot)が『Singer Notes』の各ページを見ながら交わした会話が記録されている。

本作は作者の重要な作品でありながら、不思議なことにほとんど知られていない。1960年代後半以降の作者の作品に多大な影響を与えることになるアイデアの萌芽が凝縮されているにもかかわらず、この作品は一般に知られていないのである。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 28.5 x 20.5 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100019381
出版 MFC-MICHÈLE DIDIER
著者 Mel Bochner
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART PRODUCTSメル・ボックナーのアートプロダクト一覧