ドイツ人画家、ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)の作品集。「CAGE」の6つのペインティングは一つのシリーズとして制作され、2007年の「ヴェネツィア・ビエンナーレ」で初めて展示された。タイトル「CAGE (1-6)」は、アバンギャルドな作曲家として知られるアメリカ人音楽家 ジョン・ケージ(John Cage)へのオマージュである。よく知られているように、自身の曲でケージは「『無』のレクチャー(lecture on nothing)」で、「私は何も言わない。それが私の主張だから(“I have nothing to say and I’m saying it”)」と宣言する。作者も同等にイデオロギーに対して疑問を抱き、真実に対して主張はない。自身のペインティングに心理学的な解釈を与えることを避け、むしろ観る者と批評家にそれぞれの回想をさせる方を好む。本書には、批評家のロバート・ストー(Robert Storr)が作者の幅広い抽象画の制作の中で「CAGE」の重要性について考察する。細部にわたる記録写真の膨大なシリーズは、それぞれのペインティング作品の発展を日々記録し、作者の制作過程にユニークなまなざしを向け、作者が巨大なキャンバスに向かい制作する姿を見せる。

MORE

SOLD OUT

ドイツ人画家、ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)の作品集。「CAGE」の6つのペインティングは一つのシリーズとして制作され、2007年の「ヴェネツィア・ビエンナーレ」で初めて展示された。タイトル「CAGE (1-6)」は、アバンギャルドな作曲家として知られるアメリカ人音楽家 ジョン・ケージ(John Cage)へのオマージュである。よく知られているように、自身の曲でケージは「『無』のレクチャー(lecture on nothing)」で、「私は何も言わない。それが私の主張だから(“I have nothing to say and I’m saying it”)」と宣言する。作者も同等にイデオロギーに対して疑問を抱き、真実に対して主張はない。自身のペインティングに心理学的な解釈を与えることを避け、むしろ観る者と批評家にそれぞれの回想をさせる方を好む。本書には、批評家のロバート・ストー(Robert Storr)が作者の幅広い抽象画の制作の中で「CAGE」の重要性について考察する。細部にわたる記録写真の膨大なシリーズは、それぞれのペインティング作品の発展を日々記録し、作者の制作過程にユニークなまなざしを向け、作者が巨大なキャンバスに向かい制作する姿を見せる。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 24.8 x 24.8 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100005940
出版 HENI PUBLISHING
著者 Gerhard Richter
ISBN 9780956404176
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART PRODUCTSゲルハルト・リヒターのアートプロダクト一覧