アフリカ系アメリカ人アーティスト、フェイス・リングゴールド(Faith Ringgold)の作品集。ロンドンの「サーペンタイン・ギャラリー(Serpentine Galleries)」が企画し、2020年にスウェーデンの現代美術館「ビルド・ムセアット(Bildmuseet)」、2021年にメリーランド州ポトマックの「グレンストーン美術館(Glenstone Museum)」で開催された巡回展覧会に伴い刊行された。

アーティスト、作家、活動家である作者は、ストーリーキルトやアフリカ系アメリカ人の生活を描いた絵画、フェミニスト運動や公民権運動を通じ、アイデンティティや男女の平等性の認識を探り、壊してきた。

本展では、1960年代から現在に至るまでの絵画、ストーリーキルト、政治ポスターのシリーズに焦点を当てている。本書は「グレンストーン美術館」で展覧会が開催された際に拡大版として刊行され、作品のほか、作家であり学者のミシェル・ウォレス(Michele Wallace)が寄稿したエッセイのほか、作者へのインタビューなどを収録。キュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)によるインタビューでは、ハーレムでの暮らしや1960年代公民権運動、インスピレーション源、ストーリーテリングと言論の自由を行使することに対する情熱について語る。

MORE

¥ 7,480 (税込)

アフリカ系アメリカ人アーティスト、フェイス・リングゴールド(Faith Ringgold)の作品集。ロンドンの「サーペンタイン・ギャラリー(Serpentine Galleries)」が企画し、2020年にスウェーデンの現代美術館「ビルド・ムセアット(Bildmuseet)」、2021年にメリーランド州ポトマックの「グレンストーン美術館(Glenstone Museum)」で開催された巡回展覧会に伴い刊行された。

アーティスト、作家、活動家である作者は、ストーリーキルトやアフリカ系アメリカ人の生活を描いた絵画、フェミニスト運動や公民権運動を通じ、アイデンティティや男女の平等性の認識を探り、壊してきた。

本展では、1960年代から現在に至るまでの絵画、ストーリーキルト、政治ポスターのシリーズに焦点を当てている。本書は「グレンストーン美術館」で展覧会が開催された際に拡大版として刊行され、作品のほか、作家であり学者のミシェル・ウォレス(Michele Wallace)が寄稿したエッセイのほか、作者へのインタビューなどを収録。キュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)によるインタビューでは、ハーレムでの暮らしや1960年代公民権運動、インスピレーション源、ストーリーテリングと言論の自由を行使することに対する情熱について語る。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 26.0 x 22.0 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100016236
出版 WALTHER KÖNIG
著者 Faith Ringgold
ISBN 9780999802960
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)