アメリカ人アーティスト、ロニ・ホーン(Roni Horn)の作品集。『Wits’ End』を構成する二つのドローイングシリーズ作品が収録されている。作者は手書きのイディオムや決まり文句、口語表現を素材とし、言葉の意味と曖昧さを探求する。約300人に土語のフレーズを5つずつ書き溜めてもらい、それをシルクスクリーンで印刷した。2018年から2019年にテキサス州ヒューストンのメニル・ドローイング・インスティチュート(Menil Drawing Institute)で展示された「Wits’ End Sampler」(2018)では、イディオムが独特な構成で、直接壁に映し出されている。『Wits’ End Mash』(2019)は、紙にシルクスクリーンで印刷された75~350のイディオムで構成されている。本作は、物質そのもののみならず、その意味、記憶、そして謎めいたコレクターとして制作した他の一連の作品群と共鳴する。本作に収録されているミッシェル・ホワイト(Michelle White)のエッセイでは、「不安定さと動きを歓ぶ」という意味も含みながら、「言語が失われ、含意が移行する瞬間」を追求する。本作は、一連の関連書籍シリーズの第7作目であり、うち2つ『bird』(2008)と『aka』(2010)は本作と同じくHauser & Wirthから刊行されている。

MORE

ロニ・ホーン

WITS' END

2021

¥ 7,150 (税込)

アメリカ人アーティスト、ロニ・ホーン(Roni Horn)の作品集。『Wits’ End』を構成する二つのドローイングシリーズ作品が収録されている。作者は手書きのイディオムや決まり文句、口語表現を素材とし、言葉の意味と曖昧さを探求する。約300人に土語のフレーズを5つずつ書き溜めてもらい、それをシルクスクリーンで印刷した。2018年から2019年にテキサス州ヒューストンのメニル・ドローイング・インスティチュート(Menil Drawing Institute)で展示された「Wits’ End Sampler」(2018)では、イディオムが独特な構成で、直接壁に映し出されている。『Wits’ End Mash』(2019)は、紙にシルクスクリーンで印刷された75~350のイディオムで構成されている。本作は、物質そのもののみならず、その意味、記憶、そして謎めいたコレクターとして制作した他の一連の作品群と共鳴する。本作に収録されているミッシェル・ホワイト(Michelle White)のエッセイでは、「不安定さと動きを歓ぶ」という意味も含みながら、「言語が失われ、含意が移行する瞬間」を追求する。本作は、一連の関連書籍シリーズの第7作目であり、うち2つ『bird』(2008)と『aka』(2010)は本作と同じくHauser & Wirthから刊行されている。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 30.5 x 28.0 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100011528
出版 HAUSER & WIRTH
著者 Roni Horn
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART PRODUCTSロニ・ホーンのアートプロダクト一覧