OIL限定

【六本木 蔦屋書店 展示作品】

会場|六本木 蔦屋書店
場所|東京都港区六本木6-11-1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り 2階シェアラウンジスペース
会期|2024年1月11日(木)〜3月23日(土)
時間|8:00〜23:00
入場|無料

作品ページに記載の価格は作品代のみとなり、送料は着払いとなります。

<新作Moviesについて>

Moviesシリーズは、増田のアトリエの壁一面に、ある映画を投影し、その一場面を撮影したイメージをもとにつくられる。アトリエの両壁面にはミラーシートが貼られ、正面に映る映画のワンシーンが左右壁面に映り込み湾曲して広がっていく。自身の制作空間であるアトリエを劇場に見立て、作家にとってこの上ないリアルである制作の場を、フィクションの映像で支配することで日常空間からの脱出を図ろうとしている。「時間と空間」「リアルとフィクション」をテーマとする増田にとってMoviesシリーズは実験的な作品である。作品画面の中でまず初めに目に映るのは、壁に映された鮮やかな映画のワンシーンである、そしてその周囲の暗がりに現実の空間が広がっている。一見、鮮明に見える映像部分はフラットな壁に映されただけのフィクションであり、見えづらい暗がりこそが奥行きを持ったリアルの空間である。

かつて、アンディ・ウォーホルは自身のアトリエを「ファクトリー」と呼び、床や壁を銀色のシートで覆い、多くの著名人たちを招いて日々パーティを行なった。過酷で地道な制作の日々と、華やかで煌びやかな世界を同じ空間に両立させた。そこで行われる制作と実験的な活動をもとに多くの作品が生み出された。
増田はこのウォーホルのファクトリーを参照し、「KODAI OPEN STUDIO 2022」でミラーシートを張り巡らせたアトリエに来場者が訪れ、来場者に向けられたカメラが、一秒ごとにプロジェクターで映し出される。といったインスタレーションを展開した。このインスタレーションをもとに、自身のアトリエと、増田にとって関心の深いシネマといった要素から生まれたのが”Moviesシリーズ”である。

★ご確認ください★
購入日から3年間は、本作品の転売、譲渡、寄付等による所有権の移転をお控えいただくようお願い申し上げます。何らかの特別な事情でその期間中に所有権を移したい場合は、アーティストへの事前のご相談をお願いいたします。

MORE

増田将大

movies#14

2023

¥ 396,000 (税込)

【六本木 蔦屋書店 展示作品】

会場|六本木 蔦屋書店
場所|東京都港区六本木6-11-1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り 2階シェアラウンジスペース
会期|2024年1月11日(木)〜3月23日(土)
時間|8:00〜23:00
入場|無料

作品ページに記載の価格は作品代のみとなり、送料は着払いとなります。

<新作Moviesについて>

Moviesシリーズは、増田のアトリエの壁一面に、ある映画を投影し、その一場面を撮影したイメージをもとにつくられる。アトリエの両壁面にはミラーシートが貼られ、正面に映る映画のワンシーンが左右壁面に映り込み湾曲して広がっていく。自身の制作空間であるアトリエを劇場に見立て、作家にとってこの上ないリアルである制作の場を、フィクションの映像で支配することで日常空間からの脱出を図ろうとしている。「時間と空間」「リアルとフィクション」をテーマとする増田にとってMoviesシリーズは実験的な作品である。作品画面の中でまず初めに目に映るのは、壁に映された鮮やかな映画のワンシーンである、そしてその周囲の暗がりに現実の空間が広がっている。一見、鮮明に見える映像部分はフラットな壁に映されただけのフィクションであり、見えづらい暗がりこそが奥行きを持ったリアルの空間である。

かつて、アンディ・ウォーホルは自身のアトリエを「ファクトリー」と呼び、床や壁を銀色のシートで覆い、多くの著名人たちを招いて日々パーティを行なった。過酷で地道な制作の日々と、華やかで煌びやかな世界を同じ空間に両立させた。そこで行われる制作と実験的な活動をもとに多くの作品が生み出された。
増田はこのウォーホルのファクトリーを参照し、「KODAI OPEN STUDIO 2022」でミラーシートを張り巡らせたアトリエに来場者が訪れ、来場者に向けられたカメラが、一秒ごとにプロジェクターで映し出される。といったインスタレーションを展開した。このインスタレーションをもとに、自身のアトリエと、増田にとって関心の深いシネマといった要素から生まれたのが”Moviesシリーズ”である。

★ご確認ください★
購入日から3年間は、本作品の転売、譲渡、寄付等による所有権の移転をお控えいただくようお願い申し上げます。何らかの特別な事情でその期間中に所有権を移したい場合は、アーティストへの事前のご相談をお願いいたします。

MORE

取り扱い WHYNOT.TOKYO
サイズ 80.0 x 120.0 x 4.5 cm
素材 Acrylic, Silkscreen, Canvas, and Wood Panel
商品コード 1100030267
配送までの期間 3/26以降の発送(お急ぎの方はお問い合わせください)
カテゴリー
購入条件