OIL限定

 谷澤紗和子は、西洋男性中心主義的な美術史において、主に「女性の家庭内での手仕事」として周縁化されてきた「切り紙」という媒体の持つ批評的な可能性や、生と死、愛、痛みといった生(性)の根源的な領域への想像や妄想をテーマに制作している。

 

 本作では、骸骨の形を一筆書きのカリグラフィのような流麗な線で切り抜き、彩色を施している。骸骨の輪郭、落ち窪んだ眼窩、歯の並ぶ口をかたどる線はまた、呪符や組み紐文様のようにも見え、呪術性や手工芸性を強めている。死のメタファーとしての「骸骨」と、生命力や血を示唆する「赤」という色彩の対比が、両義的なインパクトを作品に与えている。(高嶋慈)

MORE

谷澤紗和子

無題

2020

SOLD OUT

 谷澤紗和子は、西洋男性中心主義的な美術史において、主に「女性の家庭内での手仕事」として周縁化されてきた「切り紙」という媒体の持つ批評的な可能性や、生と死、愛、痛みといった生(性)の根源的な領域への想像や妄想をテーマに制作している。

 

 本作では、骸骨の形を一筆書きのカリグラフィのような流麗な線で切り抜き、彩色を施している。骸骨の輪郭、落ち窪んだ眼窩、歯の並ぶ口をかたどる線はまた、呪符や組み紐文様のようにも見え、呪術性や手工芸性を強めている。死のメタファーとしての「骸骨」と、生命力や血を示唆する「赤」という色彩の対比が、両義的なインパクトを作品に与えている。(高嶋慈)

MORE

取り扱い HAPS KYOTO
エディション unique
サイズ 28.5 x 20.0 x cm
素材 切り紙にアクリル絵の具
商品コード 1100020259
著者 谷澤紗和子
配送までの期間 2〜3週間程度
備考 額込
カテゴリー