東京で滞在制作された12点の版画のうちの1点。制作技法はソフトグランド・エッチングです。柔らかいグランド(ニスのようなもの)を用いて制作するエッチングです。今回はソフトグランドを塗った銅版の上に薄い和紙を置き、作家が鉛筆で描画しました。和紙にグランドが取られることで銅板の生地が露出し、その部分が腐食されて溝になります。そこにインクを詰めて刷りとります。ハードグランドエッチングの場合と違い、描線の強さが直接コントロールされ、柔らかな描線を得ることができます。

 クリスティアーネ・レーアは1965年、ドイツ、ヴィースバーデン生まれ。ボン大学で考古学や歴史学、マインツ大学で芸術教育学などを学んだ後、デュッセルドルフ美術大学で学び、1996年にヤニス・クネリスからマイスター・シューラーリン資格を取得。現在はケルン(独)とプラート(伊)を拠点に活動しています。ヴァレーゼ(伊)のパンザ・ヴィラ・アンド・コレクションにおける個展をはじめ、世界各地で展覧会を開催。伝説となっているヴェニス・ビエンナーレにおけるハラルド・ゼーマン企画の「人類のプラトー」展(2001年)にも出品、作品は多くの美術館や著名コレクターの所蔵となっています。2016年にはピーノ・パスカーリ賞を受賞、彼女は今世界的に最も注目されている作家の一人です。2014年の資生堂ギャラリー(東京)におけるグループ展「せいのもとで」や2015年のヴァンジ彫刻庭園美術館 (静岡)での個展「宙をつつむ」、佐倉市立美術館(千葉)でのグループ展「一粒の砂に世界を見るように」など、日本でも精力的に作品を発表しています。

 レーアは、自然界に存在する植物の種子や茎、馬の毛や犬の毛といった、普通彫刻には使われない素材を使って立体作品を制作し、形態や空間を研究しています。タンポポの綿毛を敷き詰めたクッション、キヅタの種子を積み重ねた寺院、草の茎を寄り添わせたドーム、アザミの種子をヘアネットに詰め込んだ袋、針と馬の毛によって生み出された“あやとり”のような形態、などです。それらは、近づいて見るまでその存在すら見逃してしまいそうなほど 小さく透明で繊細ですが、仔細に観察すれば、次第に堅固な構造物に姿を変え、周囲の空間を支配するほどの存在感で、私たちを圧倒します。

 レーアの制作の本質は、素材が本来的に備えている構造や機能をじっくりとそして正確に見極め、それらが視覚的により増幅されるように再構築することです。素材や空間との忍耐強い対話を通して、彼女は世界の背後にあって自然や有機物を成立させている数学的な法則や力、秩序や建築的な構造を探求しているのです。

MORE

¥ 110,000 (税込)

 東京で滞在制作された12点の版画のうちの1点。制作技法はソフトグランド・エッチングです。柔らかいグランド(ニスのようなもの)を用いて制作するエッチングです。今回はソフトグランドを塗った銅版の上に薄い和紙を置き、作家が鉛筆で描画しました。和紙にグランドが取られることで銅板の生地が露出し、その部分が腐食されて溝になります。そこにインクを詰めて刷りとります。ハードグランドエッチングの場合と違い、描線の強さが直接コントロールされ、柔らかな描線を得ることができます。

 クリスティアーネ・レーアは1965年、ドイツ、ヴィースバーデン生まれ。ボン大学で考古学や歴史学、マインツ大学で芸術教育学などを学んだ後、デュッセルドルフ美術大学で学び、1996年にヤニス・クネリスからマイスター・シューラーリン資格を取得。現在はケルン(独)とプラート(伊)を拠点に活動しています。ヴァレーゼ(伊)のパンザ・ヴィラ・アンド・コレクションにおける個展をはじめ、世界各地で展覧会を開催。伝説となっているヴェニス・ビエンナーレにおけるハラルド・ゼーマン企画の「人類のプラトー」展(2001年)にも出品、作品は多くの美術館や著名コレクターの所蔵となっています。2016年にはピーノ・パスカーリ賞を受賞、彼女は今世界的に最も注目されている作家の一人です。2014年の資生堂ギャラリー(東京)におけるグループ展「せいのもとで」や2015年のヴァンジ彫刻庭園美術館 (静岡)での個展「宙をつつむ」、佐倉市立美術館(千葉)でのグループ展「一粒の砂に世界を見るように」など、日本でも精力的に作品を発表しています。

 レーアは、自然界に存在する植物の種子や茎、馬の毛や犬の毛といった、普通彫刻には使われない素材を使って立体作品を制作し、形態や空間を研究しています。タンポポの綿毛を敷き詰めたクッション、キヅタの種子を積み重ねた寺院、草の茎を寄り添わせたドーム、アザミの種子をヘアネットに詰め込んだ袋、針と馬の毛によって生み出された“あやとり”のような形態、などです。それらは、近づいて見るまでその存在すら見逃してしまいそうなほど 小さく透明で繊細ですが、仔細に観察すれば、次第に堅固な構造物に姿を変え、周囲の空間を支配するほどの存在感で、私たちを圧倒します。

 レーアの制作の本質は、素材が本来的に備えている構造や機能をじっくりとそして正確に見極め、それらが視覚的により増幅されるように再構築することです。素材や空間との忍耐強い対話を通して、彼女は世界の背後にあって自然や有機物を成立させている数学的な法則や力、秩序や建築的な構造を探求しているのです。

MORE

取り扱い タグチファインアート
エディション 30
サイズ 43.5 x 34.0 x cm
素材 エッチング・紙
商品コード 1100001976
配送までの期間 発送日時に関しては、購入者の方に別途ご連絡差し上げます。
備考 額についてはご相談下さい。
カテゴリー

RELATED ART WORKSクリスティアーネ・レーアの作品一覧