ドイツ人アーティスト、シャルロッテ・ポゼネンスケ(Charlotte Posenenske)の作品集。1960年代におけるドイツのミニマリズムを代表するアーティストの一人である作者は、ハンネ・ダルボーフェン(Hanne Darboven)、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)、ソル・ルウィット(Sol LeWitt)らとともに作品を発表してきた。素材や生産、著作権において革新的かつ民主的な思想を持っていた作者は、アメリカのミニマリスト作家らから一歩先へと踏み込み、作品群に鑑賞者を参加させる要素を取り入れ、参加型アートを先駆けた。制作活動を放棄し、工場労働や工業生産の研究を専門とする社会学者になる1968年、作者は同年5月号の『Art International』 にマニフェストを寄稿した。本書は、元パートナーであり、作者のエステートの管理者である社会学者、作家のブルクハルト・ブルン(Burkhard Brunn)による解説が収録されており、作者の作品群を深く掘り下げている。

ギャラリストのダニエル・マルゾーナ(Daniel Marzona)、キュレーターのヨーグ・ダウル(Jörg Daur)、キュレーターのアストリッド・ウェーゲ(Astrid Wege)と美術史家のステファニー・ブラウアー(Stefanie Bräuer)による寄稿を収録。ブルン自身の専門知識は、作者とのコラボレーションや、作者の没後、財団の理事として数々の展覧会を企画したことから得ている。

MORE

¥ 7,700 (税込)

ドイツ人アーティスト、シャルロッテ・ポゼネンスケ(Charlotte Posenenske)の作品集。1960年代におけるドイツのミニマリズムを代表するアーティストの一人である作者は、ハンネ・ダルボーフェン(Hanne Darboven)、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)、ソル・ルウィット(Sol LeWitt)らとともに作品を発表してきた。素材や生産、著作権において革新的かつ民主的な思想を持っていた作者は、アメリカのミニマリスト作家らから一歩先へと踏み込み、作品群に鑑賞者を参加させる要素を取り入れ、参加型アートを先駆けた。制作活動を放棄し、工場労働や工業生産の研究を専門とする社会学者になる1968年、作者は同年5月号の『Art International』 にマニフェストを寄稿した。本書は、元パートナーであり、作者のエステートの管理者である社会学者、作家のブルクハルト・ブルン(Burkhard Brunn)による解説が収録されており、作者の作品群を深く掘り下げている。

ギャラリストのダニエル・マルゾーナ(Daniel Marzona)、キュレーターのヨーグ・ダウル(Jörg Daur)、キュレーターのアストリッド・ウェーゲ(Astrid Wege)と美術史家のステファニー・ブラウアー(Stefanie Bräuer)による寄稿を収録。ブルン自身の専門知識は、作者とのコラボレーションや、作者の没後、財団の理事として数々の展覧会を企画したことから得ている。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 29.0 x 24.0 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100016445
出版 DISTANZ
著者 Charlotte Posenenske
ISBN 9783954760251
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART PRODUCTSシャルロッテ・ポゼネンスケのアートプロダクト一覧