Time-Space

1994|160 pages|JP・EN

1970年代初頭、日本の前衛芸術の最盛期に作家キャリアをスタートさせ、現在に至るまで現代美術界を牽引する作家・野村仁。《Tardiology(1969)において、重力と時間により高さ10メートルの段ボールが崩壊していく節目をカメラで捉えて以降、写真を主な制作手法に彫刻表現の新たな世界を拓いていった。重要な初期作群が充実のアーカイブ資料とともに収録された野村仁の初作品集。

 

執筆: 中原佑介、中村敬治、野村仁、野村仁インタビュー

デザイン: 吉田昌央

制作協力: ギャラリーKURANUKI 

Essays by Yusuke Nakahara, Keiji Nakamura, Hitoshi Nomura and Hitoshi Nomura Interview

Design: Masahide Yoshida

 


▪️Artist CV

野村仁  Hitoshi Nomura  https://www.artcourtgallery.com/artists/nomura/


重力や時間とともに変化する物質の様相をカメラで捉え、活動初期より写真を主要な彫刻作品とする。
5本線を写し込んだフィルムで撮影した月を音符と見立てて制作したスコア作品《'moon' score》(1975-)は、実際に演奏してみると自然な音楽に聴こえてくる。この発見から、野村は日常を取り巻く現象、とりわけ人が知覚できる範囲を超えて存在する現象の「モト」となる構造や物の成り立ちへの関心を深め、宇宙の起源、地球上の生命誕生へと制作テーマを拡げていった。

MORE

野村仁

Time-Space

1994

¥ 10,780 (税込)

Time-Space

1994|160 pages|JP・EN

1970年代初頭、日本の前衛芸術の最盛期に作家キャリアをスタートさせ、現在に至るまで現代美術界を牽引する作家・野村仁。《Tardiology(1969)において、重力と時間により高さ10メートルの段ボールが崩壊していく節目をカメラで捉えて以降、写真を主な制作手法に彫刻表現の新たな世界を拓いていった。重要な初期作群が充実のアーカイブ資料とともに収録された野村仁の初作品集。

 

執筆: 中原佑介、中村敬治、野村仁、野村仁インタビュー

デザイン: 吉田昌央

制作協力: ギャラリーKURANUKI 

Essays by Yusuke Nakahara, Keiji Nakamura, Hitoshi Nomura and Hitoshi Nomura Interview

Design: Masahide Yoshida

 


▪️Artist CV

野村仁  Hitoshi Nomura  https://www.artcourtgallery.com/artists/nomura/


重力や時間とともに変化する物質の様相をカメラで捉え、活動初期より写真を主要な彫刻作品とする。
5本線を写し込んだフィルムで撮影した月を音符と見立てて制作したスコア作品《'moon' score》(1975-)は、実際に演奏してみると自然な音楽に聴こえてくる。この発見から、野村は日常を取り巻く現象、とりわけ人が知覚できる範囲を超えて存在する現象の「モト」となる構造や物の成り立ちへの関心を深め、宇宙の起源、地球上の生命誕生へと制作テーマを拡げていった。

MORE

取り扱い ARTCOURT Gallery
サイズ 31.0 x 23.0 x cm
商品コード 1100009568
出版 光琳社出版株式会社
著者 野村仁 Hitoshi Nomura
ISBN 4-7713-0154-9
配送までの期間 1週間程度
カテゴリー
送料 ¥880(税込)

RELATED ART PRODUCTS野村仁のアートプロダクト一覧