OIL by 美術手帖ギャラリーで開催の、山口幸士「日々」(2021/8/6〜23)出品作品。
 
現在は東京を拠点とする⼭⼝は、2015年に渡⽶し3年間ニューヨークで活動。現地でアーティストのアシスタントをしながら、⾃⾝もアーティストとして活動し、コラージュやドローイング、⾵景画などの作品を発表してきました。
 
⼭⼝の作品はどれも、⾃⾝が⻑年続けてきたスケートボードが原点にあると⾔います。しかし、2017年に怪我をし、スケートボードから⼀旦離れたのをきっかけに、屋外の壁、部屋の花瓶、住宅街の家々などへと視点が変化していきます。現在は、⾃転⾞で出かけた先の⾝近な⾵景を撮影し、キャンバスの上で絵に起こしていく⼿法をとっています。
 
⼭⼝が描く曖昧な輪郭と流れるようなタッチで構成された絵は、写真という記録と⾃⾝の記憶が混ざり合い、鑑賞者の記憶のなかにある⾵景とも呼応します。場所の持つ記憶や痕跡をフラットな視点で⾒ることで、その⼟地の背景にある本質を捉えるというその絵画の⽬的は、スケートスポットを題材にしていた初期の作品から⼀貫しているのです。
 
作家が敬愛するジョルジョ・モランディや⾚瀬川原平といったアーティストたちは、固定概念を外した視点でよく視る、というアプローチによって、世界の本質を掴もうとしました。⼭⼝は、写真の記録と⾃分の記憶によって象られた⽇常の何気ない美しさを捉えることで、世界の本質を描き出します。
 
本展では、⼭⼝が独⾃の視点により⽇常的な⾵景を描いた最新作を多数発表いたします。

MORE

山口幸士

untitled

2021

SOLD OUT

OIL by 美術手帖ギャラリーで開催の、山口幸士「日々」(2021/8/6〜23)出品作品。
 
現在は東京を拠点とする⼭⼝は、2015年に渡⽶し3年間ニューヨークで活動。現地でアーティストのアシスタントをしながら、⾃⾝もアーティストとして活動し、コラージュやドローイング、⾵景画などの作品を発表してきました。
 
⼭⼝の作品はどれも、⾃⾝が⻑年続けてきたスケートボードが原点にあると⾔います。しかし、2017年に怪我をし、スケートボードから⼀旦離れたのをきっかけに、屋外の壁、部屋の花瓶、住宅街の家々などへと視点が変化していきます。現在は、⾃転⾞で出かけた先の⾝近な⾵景を撮影し、キャンバスの上で絵に起こしていく⼿法をとっています。
 
⼭⼝が描く曖昧な輪郭と流れるようなタッチで構成された絵は、写真という記録と⾃⾝の記憶が混ざり合い、鑑賞者の記憶のなかにある⾵景とも呼応します。場所の持つ記憶や痕跡をフラットな視点で⾒ることで、その⼟地の背景にある本質を捉えるというその絵画の⽬的は、スケートスポットを題材にしていた初期の作品から⼀貫しているのです。
 
作家が敬愛するジョルジョ・モランディや⾚瀬川原平といったアーティストたちは、固定概念を外した視点でよく視る、というアプローチによって、世界の本質を掴もうとしました。⼭⼝は、写真の記録と⾃分の記憶によって象られた⽇常の何気ない美しさを捉えることで、世界の本質を描き出します。
 
本展では、⼭⼝が独⾃の視点により⽇常的な⾵景を描いた最新作を多数発表いたします。

MORE

取り扱い OIL by 美術手帖
サイズ 162.0 x 130.3 x 3.0 cm
素材 キャンバスに油彩
商品コード 1100010811
配送までの期間 会期終了後発送。配送日はご購入者様と調整とさせていただきます。
備考 額装付き
カテゴリー