ニューヨークを拠点に活動するアメリカ人アーティスト、キャロル・ボヴェ(Carol Bove)の作品集。本書は、アメリカの「ナッシャー彫刻センター(Nasher Sculpture Center)」にて2021年に開催された展覧会に伴い刊行された。作者の過去5年間の作品に加え、スケール、色、素材、そして20世紀における芸術の伝統に関して継続している探究を幅広く紹介する。

作者の近年の作品は、自発性や産業資材、ペイントされた彫刻が持つ可能性といった1940年代から1960年代の彫刻作品が持つ概念的な事柄に関係している。よく見慣れた彫刻の世界の中に在りながらも、作者の発見した新しいアプローチは今までに見られることのなかったものである。「Collage Sculptures」は、金屑やステンレスを丁寧に加工して曲がりくねったしなやかなフォルムを作り出したもので、その多くがペイントされている。金属という硬い素材からは信じ難いほどの柔らかみを持ち、その姿はあたかも金属が粘土の柔軟性を持ったかのようである。台座に乗る小さめのものから、大きく堂々とした構造の作品までその種類は多岐にわたる。「ナッシャー彫刻センター」所蔵の小作品郡を通して、作者のスケールに対する関心、そして作品が置かれた文脈によって変化する鑑賞者の解釈が紹介されている。

本書は、作品図版と序文に加え、「ナッシャー彫刻センター」キュレーターのキャサリン・クラフト(Catherine Craft)による「Collage Sculptures」の発展、またその現代彫刻や他のアーティストとの関係性についてのエッセイを収録している。さらに、イギリス人キュレーターのリサ・ル・フユーヴェ(Lisa Le Feuvre ​​)が作者の関心に関連したテーマをアルファベット順にまとめたエッセイを寄稿し、その作品の複雑性を探究している。

MORE

キャロル・ボヴェ

COLLAGE SCULPTURES

2022

¥ 10,450 (税込)

ニューヨークを拠点に活動するアメリカ人アーティスト、キャロル・ボヴェ(Carol Bove)の作品集。本書は、アメリカの「ナッシャー彫刻センター(Nasher Sculpture Center)」にて2021年に開催された展覧会に伴い刊行された。作者の過去5年間の作品に加え、スケール、色、素材、そして20世紀における芸術の伝統に関して継続している探究を幅広く紹介する。

作者の近年の作品は、自発性や産業資材、ペイントされた彫刻が持つ可能性といった1940年代から1960年代の彫刻作品が持つ概念的な事柄に関係している。よく見慣れた彫刻の世界の中に在りながらも、作者の発見した新しいアプローチは今までに見られることのなかったものである。「Collage Sculptures」は、金屑やステンレスを丁寧に加工して曲がりくねったしなやかなフォルムを作り出したもので、その多くがペイントされている。金属という硬い素材からは信じ難いほどの柔らかみを持ち、その姿はあたかも金属が粘土の柔軟性を持ったかのようである。台座に乗る小さめのものから、大きく堂々とした構造の作品までその種類は多岐にわたる。「ナッシャー彫刻センター」所蔵の小作品郡を通して、作者のスケールに対する関心、そして作品が置かれた文脈によって変化する鑑賞者の解釈が紹介されている。

本書は、作品図版と序文に加え、「ナッシャー彫刻センター」キュレーターのキャサリン・クラフト(Catherine Craft)による「Collage Sculptures」の発展、またその現代彫刻や他のアーティストとの関係性についてのエッセイを収録している。さらに、イギリス人キュレーターのリサ・ル・フユーヴェ(Lisa Le Feuvre ​​)が作者の関心に関連したテーマをアルファベット順にまとめたエッセイを寄稿し、その作品の複雑性を探究している。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 33.5 x 26.0 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100017997
出版 DAVID ZWIRNER BOOKS
著者 Carol Bove
ISBN 9781644230671
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)