ベルギー人アーティスト、カールステン・ヘラー(Carsten Höller)の作品集。2016年4月から7月にミラノの美術館「ピレリ・ハンガービコッカ(Pirelli HangarBicocca)」で開催された展覧会に伴い刊行された。元植物病理学者である作者は、研究を制作活動に生かし、人間関係の在り方を模索している。キュレーターのビセンテ・トドリ(Vicente Todolí)により企画されたこの展覧会では、大規模な彫刻、映像、写真や参加型インスタレーションが23点展示された。感覚の参入を招くため集中力を要する本展では、鑑賞者が2つの並行している道筋から経路を選択する構造となっている。作者の作品群は鑑賞者にとって方向感覚の喪失や不安定さを引き起こすことが多く、本展のタイトルである「Doubt(疑い)」に反映されているように、作者はそれを豊かな心理的状態とみなしている。

本書は、この展覧会を広範に記録しており、両面スケッチの概要図と26ページに及ぶ展示写真の折り込みが収められている。「ピレリ・ハンガービコッカ」の会長であるマルコ・トロンチェッティ・プロヴェラ(Marco Tronchetti Provera)が書き下ろした序文や、キュレーターのフランチェスコ・ボナミ(Francesco Bonami)とステファニー・ヘスラー(Stefanie Hessler)が寄稿したエッセイ、キュレーターのアンドレア・リッソーニ(Andrea Lissoni)、フランス人アーティストであるフィリップ・パレーノ(Phillipe Parreno)と作者による対談も収録。

MORE

¥ 8,800 (税込)

ベルギー人アーティスト、カールステン・ヘラー(Carsten Höller)の作品集。2016年4月から7月にミラノの美術館「ピレリ・ハンガービコッカ(Pirelli HangarBicocca)」で開催された展覧会に伴い刊行された。元植物病理学者である作者は、研究を制作活動に生かし、人間関係の在り方を模索している。キュレーターのビセンテ・トドリ(Vicente Todolí)により企画されたこの展覧会では、大規模な彫刻、映像、写真や参加型インスタレーションが23点展示された。感覚の参入を招くため集中力を要する本展では、鑑賞者が2つの並行している道筋から経路を選択する構造となっている。作者の作品群は鑑賞者にとって方向感覚の喪失や不安定さを引き起こすことが多く、本展のタイトルである「Doubt(疑い)」に反映されているように、作者はそれを豊かな心理的状態とみなしている。

本書は、この展覧会を広範に記録しており、両面スケッチの概要図と26ページに及ぶ展示写真の折り込みが収められている。「ピレリ・ハンガービコッカ」の会長であるマルコ・トロンチェッティ・プロヴェラ(Marco Tronchetti Provera)が書き下ろした序文や、キュレーターのフランチェスコ・ボナミ(Francesco Bonami)とステファニー・ヘスラー(Stefanie Hessler)が寄稿したエッセイ、キュレーターのアンドレア・リッソーニ(Andrea Lissoni)、フランス人アーティストであるフィリップ・パレーノ(Phillipe Parreno)と作者による対談も収録。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 26.0 x 18.0 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100016573
出版 MOUSSE PUBLISHING
著者 Carsten Höller

ISBN 9788867492510
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)