ポーランド人アーティスト、アリシア・クワデ(Alicja Kwade)の作品集。2015年7月から9月にかけてドイツの現代美術館「マンハイム市立美術館(Kunsthalle Mannheim)」で開催された展覧会に伴い刊行された。創造における弁証法的な鋭敏さと明快な不条理感が、作者による彫刻とオブジェの決定的な特徴である。作者は、自然素材や日常的なオブジェと、文化的歴史を持つ製品とを巧みに融合している。物理学や後期資本主義に支配された人間のあり方を探求し、空間における「絵」がそれを表現している。

感覚的な要素、そして素材、表面、空間の相互関係が生み出すものへの鋭い感覚を用いた結果、作者は2015年に「Hector Prize」を受賞、本展が企画された。本書は、2001年以降、作者が構築してきた広範な作品群について洞察を加えている。美術史家のペトラ・ラング=ベルント(Petra Lange-Berndt)とディートマー・ルーベル(Dietmar Rübel)によるエッセイでは、物質、資材、モダニズムにおける生産の探究を追い、1920年代のアートやデザイン、アルテ・ポーヴェラとポスト・ミニマリズムといった20世紀における芸術との関係性について述べる。

MORE

アリシア・クワデ

ALICJA KWADE

2015

¥ 6,050 (税込)

ポーランド人アーティスト、アリシア・クワデ(Alicja Kwade)の作品集。2015年7月から9月にかけてドイツの現代美術館「マンハイム市立美術館(Kunsthalle Mannheim)」で開催された展覧会に伴い刊行された。創造における弁証法的な鋭敏さと明快な不条理感が、作者による彫刻とオブジェの決定的な特徴である。作者は、自然素材や日常的なオブジェと、文化的歴史を持つ製品とを巧みに融合している。物理学や後期資本主義に支配された人間のあり方を探求し、空間における「絵」がそれを表現している。

感覚的な要素、そして素材、表面、空間の相互関係が生み出すものへの鋭い感覚を用いた結果、作者は2015年に「Hector Prize」を受賞、本展が企画された。本書は、2001年以降、作者が構築してきた広範な作品群について洞察を加えている。美術史家のペトラ・ラング=ベルント(Petra Lange-Berndt)とディートマー・ルーベル(Dietmar Rübel)によるエッセイでは、物質、資材、モダニズムにおける生産の探究を追い、1920年代のアートやデザイン、アルテ・ポーヴェラとポスト・ミニマリズムといった20世紀における芸術との関係性について述べる。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 26.5 x 24.0 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100016446
出版 DISTANZ
著者 Alicja Kwade
ISBN 9783954761234
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART PRODUCTSアリシア・クワデのアートプロダクト一覧