20世紀のアメリカを代表するアーティスト、ジョージア・オキーフ(Georgia O'Keeffe)の作品集。作者はモダニズムに最も影響を与えた人物の一人であり、花、高層ビル、動物の頭蓋骨、アメリカ南西部の風景などを描いたペインティング作品で知られるが、その作者にとって、1946年に夫であるフォトグラファーのアルフレッド・スティーグリッツ(Alfred Stieglitz)が亡くなった後、作品制作において写真は実に重要な位置を占めるようになった。本書は作者の写真作品に関して初めて大規模に調べあげた内容がまとめられており、30年にわたり制作された作品を網羅し、写真という媒体に対する作者の探求の軌跡を辿っている。

アメリカ人フォトグラファーのトッド・ウェブ(Todd Webb)とともに、アメリカ南西部の地形、中庭の黒い扉、窓の外の道路、花など、かつて描いた題材を再び撮影した。慎重に構図を考え写された写真は、細部や決定的瞬間を追求したものでなく、むしろ形に対する構成に焦点を当てていることが見て取れる。

本書は2021年から2023年にかけて巡回する展覧会に伴い刊行されたものであり、展示は「ヒューストン美術館(Museum of Fine Arts, Houston)」を皮切りに、「アディソン・アメリカ美術館(Addison Gallery of American Art)」、「デンバー美術館(Denver Art Museum)」、「シンシナティ美術館(Cincinnati Art Museum)」で開催される。

MORE

ジョージア・オキーフ

GEORGIA O'KEEFFE, PHOTOGRAPHER

2021

¥ 9,350 (税込)

20世紀のアメリカを代表するアーティスト、ジョージア・オキーフ(Georgia O'Keeffe)の作品集。作者はモダニズムに最も影響を与えた人物の一人であり、花、高層ビル、動物の頭蓋骨、アメリカ南西部の風景などを描いたペインティング作品で知られるが、その作者にとって、1946年に夫であるフォトグラファーのアルフレッド・スティーグリッツ(Alfred Stieglitz)が亡くなった後、作品制作において写真は実に重要な位置を占めるようになった。本書は作者の写真作品に関して初めて大規模に調べあげた内容がまとめられており、30年にわたり制作された作品を網羅し、写真という媒体に対する作者の探求の軌跡を辿っている。

アメリカ人フォトグラファーのトッド・ウェブ(Todd Webb)とともに、アメリカ南西部の地形、中庭の黒い扉、窓の外の道路、花など、かつて描いた題材を再び撮影した。慎重に構図を考え写された写真は、細部や決定的瞬間を追求したものでなく、むしろ形に対する構成に焦点を当てていることが見て取れる。

本書は2021年から2023年にかけて巡回する展覧会に伴い刊行されたものであり、展示は「ヒューストン美術館(Museum of Fine Arts, Houston)」を皮切りに、「アディソン・アメリカ美術館(Addison Gallery of American Art)」、「デンバー美術館(Denver Art Museum)」、「シンシナティ美術館(Cincinnati Art Museum)」で開催される。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 28.3 x 26.6 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100016440
出版 YALE UNIVERSITY PRESS
著者 Georgia O'Keeffe
ISBN 9780300257809
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)