ベルギー人アーティスト、ミヒャエル・ボレマンス(Michaël Borremans)の作品集。作者の過去5年間に制作された12点の油彩作品を収録。貴重な作品が厳選され、好奇心と想像力を刺激するその絵画の世界観を余すことなく伝える1冊。ウィーンの「BAWAG CONTEMPORARY」で2012年から2013年にかけて開催された展覧会に伴い刊行された。

異様な雰囲気が漂うなんとも不可解な作品で知られる作者は、30代で絵を描き始める前は写真とグラフィックデザインを専門としていた。独自の観点から厳選した絵画作品約12点と、それについて深く知ることができる解説を収録。

作者はあらゆるメディアの境界線に挟まれた境界地帯で作品を作るため、その絵画はドローイングや映像作品とも密接にリンクしている。作者が紡ぐ物語は、様々な解釈を可能にする文脈や引喩で満ちていながらも、それらをつなぎ合わせた1つの決定的な完全体として解釈されることを拒む。リアリズムとファンタジー、儚いものと顕在するもの、アイロニーと混乱など、作者の視覚世界においては実際には互いに相反する要素が密接に絡みあっている。そしてそこでは、どこかで見たことのある日常的な現実と奇妙な夢の世界が1本の細い境界線によって隔てられている。

MORE

SOLD OUT

ベルギー人アーティスト、ミヒャエル・ボレマンス(Michaël Borremans)の作品集。作者の過去5年間に制作された12点の油彩作品を収録。貴重な作品が厳選され、好奇心と想像力を刺激するその絵画の世界観を余すことなく伝える1冊。ウィーンの「BAWAG CONTEMPORARY」で2012年から2013年にかけて開催された展覧会に伴い刊行された。

異様な雰囲気が漂うなんとも不可解な作品で知られる作者は、30代で絵を描き始める前は写真とグラフィックデザインを専門としていた。独自の観点から厳選した絵画作品約12点と、それについて深く知ることができる解説を収録。

作者はあらゆるメディアの境界線に挟まれた境界地帯で作品を作るため、その絵画はドローイングや映像作品とも密接にリンクしている。作者が紡ぐ物語は、様々な解釈を可能にする文脈や引喩で満ちていながらも、それらをつなぎ合わせた1つの決定的な完全体として解釈されることを拒む。リアリズムとファンタジー、儚いものと顕在するもの、アイロニーと混乱など、作者の視覚世界においては実際には互いに相反する要素が密接に絡みあっている。そしてそこでは、どこかで見たことのある日常的な現実と奇妙な夢の世界が1本の細い境界線によって隔てられている。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 16.5 x 11.2 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100014335
出版 HATJE CANTZ
著者 Michaël Borremans
ISBN 9783775735018
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART PRODUCTSミヒャエル・ボレマンスのアートプロダクト一覧