アメリカ人アーティスト、スタンレイ・ホイットニー(Stanley Whitney)の作品集。色彩は、作者の創作にインスピレーションと情報を与える。力強さと繊細さを併せ持つ様々な色彩が用いられた不規則な四角形がモザイクのように並び、そこで作られた多くの可能性を本作は探求している。形が繋がり隣りあう構成、自由と制約との間を揺れ動くその構造は、突き詰めていくと色面同士が補い合うことや反発し合うことの狭間での遊びのようである。本書に収録されている作品は、1990年代に制作された絵画とドローイングとともに、新作に焦点を当てている。アメリカ人作家、キュレーターであるアンドリアナ・キャンベル(Andrianna Campbell)によるエッセイも収録。判型は、作家の作品シリーズの中で最も小さい12インチ四方の作品から由来しており、キャリアを通した「色」と「空間演出」の深い関係性を追求する。本書はニューヨークの「Lisson Gallery」で2018年11月3日から12月21日まで開催された自身初の個展(同名ギャラリーでの展覧は4回目、ニューヨークでは初)に伴い刊行された。

MORE

¥ 6,820 (税込)

アメリカ人アーティスト、スタンレイ・ホイットニー(Stanley Whitney)の作品集。色彩は、作者の創作にインスピレーションと情報を与える。力強さと繊細さを併せ持つ様々な色彩が用いられた不規則な四角形がモザイクのように並び、そこで作られた多くの可能性を本作は探求している。形が繋がり隣りあう構成、自由と制約との間を揺れ動くその構造は、突き詰めていくと色面同士が補い合うことや反発し合うことの狭間での遊びのようである。本書に収録されている作品は、1990年代に制作された絵画とドローイングとともに、新作に焦点を当てている。アメリカ人作家、キュレーターであるアンドリアナ・キャンベル(Andrianna Campbell)によるエッセイも収録。判型は、作家の作品シリーズの中で最も小さい12インチ四方の作品から由来しており、キャリアを通した「色」と「空間演出」の深い関係性を追求する。本書はニューヨークの「Lisson Gallery」で2018年11月3日から12月21日まで開催された自身初の個展(同名ギャラリーでの展覧は4回目、ニューヨークでは初)に伴い刊行された。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 30.5 x 30.5 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100006327
出版 LISSON GALLERY
著者 Stanley Whitney
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART PRODUCTSスタンレイ・ホイットニーのアートプロダクト一覧