• HOME
  • BOOKS
  • 【事前予約】海野林太郎『マヌケだね 楽しい夜さ 好きだよ』作品集 銀座 蔦屋書店5周年記念

※6月下旬刊行予定。6月下旬~7月上旬の発送を予定しています。

銀座 蔦屋書店5周年を記念して開催された、気鋭のアーティスト・海野林太郎の個展『マヌケだね 楽しい夜さ 好きだよ』の展覧会図録です。

海野林太郎は宗教的イコンやビデオゲームなど、⾃⾝のリアリティに根ざしたものをモチーフに「異様な汎景」としての映像やインスタレーションを制作している注目のアーティストです。2018年に東京藝術⼤学⼤学院美術研究科先端芸術表現専攻を修了し、⾃⾝の作品発表を⾏う傍ら、アーティストコレクティブ「カタルシスの岸辺」のコアメンバーとしても活動し、次世代のアーティストとして注目を集めています。

本展では、銀座 蔦屋書店の5周年記念として、⼀⼈称視点のビデオゲーム(First-Person Shooter)の映像をモチーフとして現実の⾵景を特定の動作のみで撮影した映像作品のシリーズと、銀座 蔦屋書店を舞台に撮影された新作映像作品を発表しました。展⽰タイトルにもなっている「マヌケだね 楽しい夜さ 好きだよ」と題された新作映像作品では、1⽇の営業終了後の夜の銀座 蔦屋書店に、妖精や精霊たちが集い、歌や⾷事などを楽しみながら思い思いにくつろぎ、ときにお互いの匂いや声などの⽣理的な部分を確かめ合います。拍⼦抜けするような(=間の抜けた)、彼らの夜の書店でのひと時はおかしみに満ちています。

本作品集では、展覧会で制作された写真作品と記録写真とともに、キュレーター・美術評論家の荒木夏実氏による本展に向けた寄稿文と、「風景の反撃 / 執着的探訪」「サスペンデット・エクスプローラー」「What You See is What You Get」など、海野林太郎の過去の個展にアーカイブ資料、制作テキストが収録。保存版の一冊です。

仕様:ソフトカバー/A5(本文は縦矩形です)/20p/カラー

MORE

海野林太郎

【事前予約】海野林太郎『マヌケだね 楽しい夜さ 好きだよ』作品集 銀座 蔦屋書店5周年記念

¥ 1,800 (税込)

※6月下旬刊行予定。6月下旬~7月上旬の発送を予定しています。

銀座 蔦屋書店5周年を記念して開催された、気鋭のアーティスト・海野林太郎の個展『マヌケだね 楽しい夜さ 好きだよ』の展覧会図録です。

海野林太郎は宗教的イコンやビデオゲームなど、⾃⾝のリアリティに根ざしたものをモチーフに「異様な汎景」としての映像やインスタレーションを制作している注目のアーティストです。2018年に東京藝術⼤学⼤学院美術研究科先端芸術表現専攻を修了し、⾃⾝の作品発表を⾏う傍ら、アーティストコレクティブ「カタルシスの岸辺」のコアメンバーとしても活動し、次世代のアーティストとして注目を集めています。

本展では、銀座 蔦屋書店の5周年記念として、⼀⼈称視点のビデオゲーム(First-Person Shooter)の映像をモチーフとして現実の⾵景を特定の動作のみで撮影した映像作品のシリーズと、銀座 蔦屋書店を舞台に撮影された新作映像作品を発表しました。展⽰タイトルにもなっている「マヌケだね 楽しい夜さ 好きだよ」と題された新作映像作品では、1⽇の営業終了後の夜の銀座 蔦屋書店に、妖精や精霊たちが集い、歌や⾷事などを楽しみながら思い思いにくつろぎ、ときにお互いの匂いや声などの⽣理的な部分を確かめ合います。拍⼦抜けするような(=間の抜けた)、彼らの夜の書店でのひと時はおかしみに満ちています。

本作品集では、展覧会で制作された写真作品と記録写真とともに、キュレーター・美術評論家の荒木夏実氏による本展に向けた寄稿文と、「風景の反撃 / 執着的探訪」「サスペンデット・エクスプローラー」「What You See is What You Get」など、海野林太郎の過去の個展にアーカイブ資料、制作テキストが収録。保存版の一冊です。

仕様:ソフトカバー/A5(本文は縦矩形です)/20p/カラー

MORE

取り扱い 銀座 蔦屋書店
商品コード 1100016363
著者 海野林太郎
ISBN 2502033011612
配送までの期間 6月下旬~7月上旬発送予定
カテゴリー
送料 ¥550(税込)

RELATED ART WORKS海野林太郎の作品一覧