鮮やかな黄色の色面と、イリュージョンとしての地平線とが重なり合う、牡丹靖佳の代表的な作品。

存在の間に結ばれる関係の不確かさ・複雑さを、絵の具の物質性と表象性のせめぎ合い、地と図の反転といった現象を通して引き出すことを試みている。

中心となるべきモチーフは抽象的な色と形の連なりのなかに隠される一方、木の枝、ロープ、煙といった、”何か”の予兆あるいは余韻と思しきものたちは、緻密な線で写実的に描き出されている。

 

-------------------------------

 

▪️ Artist CV

牡丹靖佳 Yasuyoshi Botan

http://www.artcourtgallery.com/artists/botan/

 

 

色とりどりの花や鳥や雲がともに咲き誇り、存在の変化に富んだ精緻で物語性のある絵画風景を描く。東洋における遠近法を用いて、イメージの具象と抽象の境界実験を展開するなど、独自の描画ルールでこの世の儚さや不確かさ、移ろいゆくさまを確かめながら、近年は“光”をテーマに絵画とは何かを追求し続けている。色彩と無数のイメージが心地よく渾然一体となり、見る者の想像力をポジティブに掻き立てる作品は国内外で評価が高く、絵本製作や文芸書の挿絵も手掛け多彩に活躍している。

 

MORE

牡丹靖佳

a little confusion

2020

※こちらの商品は販売しておりません。

鮮やかな黄色の色面と、イリュージョンとしての地平線とが重なり合う、牡丹靖佳の代表的な作品。

存在の間に結ばれる関係の不確かさ・複雑さを、絵の具の物質性と表象性のせめぎ合い、地と図の反転といった現象を通して引き出すことを試みている。

中心となるべきモチーフは抽象的な色と形の連なりのなかに隠される一方、木の枝、ロープ、煙といった、”何か”の予兆あるいは余韻と思しきものたちは、緻密な線で写実的に描き出されている。

 

-------------------------------

 

▪️ Artist CV

牡丹靖佳 Yasuyoshi Botan

http://www.artcourtgallery.com/artists/botan/

 

 

色とりどりの花や鳥や雲がともに咲き誇り、存在の変化に富んだ精緻で物語性のある絵画風景を描く。東洋における遠近法を用いて、イメージの具象と抽象の境界実験を展開するなど、独自の描画ルールでこの世の儚さや不確かさ、移ろいゆくさまを確かめながら、近年は“光”をテーマに絵画とは何かを追求し続けている。色彩と無数のイメージが心地よく渾然一体となり、見る者の想像力をポジティブに掻き立てる作品は国内外で評価が高く、絵本製作や文芸書の挿絵も手掛け多彩に活躍している。

 

MORE

取り扱い ARTCOURT Gallery
サイズ 145.5 x 194.0 x cm
素材 油彩、鉛筆、ジェッソ、クレパス、キャンバス / Oil, pencil, gesso, craypas on canvas
商品コード 1100010621
著者 牡丹靖佳 Yasuyoshi Botan
カテゴリー