• HOME
  • 記事一覧
  • RECOMMEND
  • 高瀬栞菜と天牛美矢子の対談記事が公開。日常で感じた心の動きを見逃さない。「物語」に展開しそれぞれの表現へ

撮影=麥生田兵吾

高瀬栞菜と天牛美矢子の対談記事が公開。日常で感じた心の動きを見逃さない。「物語」に展開しそれぞれの表現へ

アーティストによる対談連載企画「DIALOGUE for ART」。第7弾は高瀬栞菜と天牛美矢子。登場する2名の作家が制作する作品は、OIL by 美術手帖(https://oil.bijutsutecho.com/)にて販売を開始いたします。

第7弾 高瀬栞菜 × 天牛美矢子

高瀬栞菜(左)と天牛美矢子(右) 撮影=麥生田兵吾

 アーティストによる対談連載、作品紹介を行う企画「DIALOGUE for ART」。本企画では、アーティストたちが何を考えながら制作にのぞんでいるのか、何を目指し、悩みながら、どのように作品をつくり上げているのか。作家同士の対談というかたちでクリエイションの核心にアプローチしていきます。

 今回は、高瀬栞菜と天牛美矢子による対談です。京都市立芸術大学の先輩と後輩にあたり、京都を拠点に活動するおふたりに改めておたがいの制作についてお話しをうかがいました。

左:高瀬栞菜 右:天牛美矢子 撮影=麥生田兵吾

 対談記事はウェブ版美術手帖にて掲載し、対談に登場するアーティストの作品は、オンラインマー​ケットプレイス「OIL by 美術手帖」でご購入いただけます。アーティストの思いを対談を通して伝えること、彼らの生み出す作品に触れてもらい、コレクションしてもらうことで、アートシーンがさらに活性化していくことに貢献できればと考えています。

撮影=麥生田兵吾

9月8日(木)12時公開

 

 

プロフィール

高瀬栞菜

1994年大阪府生まれ。2020年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修士課程修了。近年の個展に、「まひるののこりもの」(ギャラリーモーニング、京都、2020)、「Walk in a tale」(京都岡崎蔦屋書店、2021)。これまで参加したグループ展やアートフェアに、「Enclosed mythology」(Artist-in-Residence賀茂なす、京都、2021)、「変/心」(TENSHADAI、京都、2022)、「ARTISTS' FAIR KYOTO」(京都文化博物館別館、2022)、「ART FAIR TOKYO」(東京国際フォーラム、2022)などがある。

 

9月8日(木)12時公開

 

天牛美矢子

撮影=麥生田兵吾

1989年大阪府生まれ。実家が古書店を営んでおり、幼い頃から書籍に囲まれて育つ。2015年に京都市立芸術大学大学院を修了後、大阪を拠点に制作・活動。歴史や神話など慣れ親しんだ書籍が持つ魔力を応用して、新たに紡いだ物語を描き起こし作品に落とし込んでいる。挿絵を思わせるイメージを、キャンバスではなく布や革といった身近な素材を使って表現することで、作品に宿る物語と鑑賞者の距離感をなくすことを試みている。近年の個展に「Propagareの悪魔」(COHJU contemporary art、京都、2021)。自身の作品の制作のほか、近年はZINEの編集・発行にも取り組み、また18年に開催されたグループ展「呪と祝」(KUNST ARZT、京都)ではキュレーターを務めるなど活動の幅を広げている。

 

9月8日(木)12時公開

それぞれの作家の作品は、数ヶ月以内に他作品の追加出品を予定しております。

 

第8弾予告

第8弾は詳細を近日公開予定。お楽しみにお待ちください。

編集部

Information

企画|アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」
お問い合わせ|cs_oil@ccc.co.jp 

撮影=麥生田兵吾

撮影=麥生田兵吾