• HOME
  • 記事一覧
  • RECOMMEND
  • 友沢こたお個展の展示作品・マルチプル版画作品のオンラインエントリー販売が7月3日(日)11時より開始!

Kotao Tomozawa “slime CXXI” 2022

友沢こたお個展の展示作品・マルチプル版画作品のオンラインエントリー販売が7月3日(日)11時より開始!

銀座 蔦屋書店の新アートスペース「FOAM CONTEMPORARY」にて開催される第1回目の友沢こたお個展「Monochrome」。 こちらの展示作品およびマルチプル版画作品をOIL by 美術手帖にて、オンラインエントリー販売を行います。

銀座 蔦屋書店では、開業5周年という節⽬の年に新たな試みとして、アートスペース「FOAM CONTEMPORARY」を始動します。

「FOAM CONTEMPORARY」は、時代のアクチュアリティーに寄り添いながら、ライフサイクルを超えたところにある アートの価値や醍醐味を探求、醸成する表現空間として、キャリアや年齢を問わず注⽬すべき様々なアーティストを紹介していきます。

記念すべき第1回⽬の展覧会として、1999年フランス・ボルドー⽣まれのアーティスト友沢こたおを紹介し、個展「Monochrome」を開催します。

そして、本展で展示される新作ユニーク作品および、マルチプル版画作品(2種各限定25部)を、本サイトにてオンラインエントリー販売いたします。

■HOW TO ENTRY
当サイトにてオンラインエントリーを受付いたします。

※新作ユニーク作品およびマルチプル版画作品、エントリー販売方法等の詳細については後日公開予定です。

<オンラインエントリー申し込み期間>
2022年7月3日(日)11:00~7月26日(火)19:00

Artist Profile

ともざわ・こたお

 

1999年フランス・ボルドー生まれ。スライム状の物質と有機的なモチーフが絡み合う独特な人物画を描く。シンプルな構成ながら、物質の質感や透け感、柔らかさのリアルな表現が見る者に強い印象を与える。東京藝術大学美術学部絵画学科油画専攻で学び、2019年度久米賞受賞、2020年度藝大アートプラザ大賞入選と、早くから注目される。母はマンガ家、イラストレーターの友沢ミミヨ。親子でユニットを組んだ2人展「とろろ園」(ビリケンギャラリー、東京、2019)でも話題となった。近年の個展に、「caché」(tagboat、東京、2021)、「Pomme dʼamour」(mograg gallery、東京、2020)、グループ展に「Z_01」(銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー、東京、2021)、「TAGBOAT ARTSHOW」(阪急MEN’S TOKYO、東京、2021)などがある。

Information

友沢こたお個展「Monochrome」

会期:2022年7⽉3⽇(⽇)〜7⽉26⽇(⽕)
時間:11:00~19:00
定休日:月曜日
会場:銀座 蔦屋書店「FOAM CONTEMPORARY」
主催|銀座 蔦屋書店
協⼒|秋華洞

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/26961-1020480601.html
※その他詳細は銀座 蔦屋書店のホームページをあわせてご覧ください。(https://store.tsite.jp/ginza/

Kotao Tomozawa “slime CXXI” 2022

Kotao Tomozawa “slime CXXI” 2022