• HOME
  • 記事一覧
  • RECOMMEND
  • 長島伊織と山田康平の対談記事が公開!美術史と向き合いながら、共有アトリエで新しい具象/抽象表現を目指すふたり

撮影=中島良平

長島伊織と山田康平の対談記事が公開!美術史と向き合いながら、共有アトリエで新しい具象/抽象表現を目指すふたり

アーティストによる対談連載企画「DIALOGUE for ART」。第5弾は長島伊織と山田康平。登場する2名の作家が制作する作品は、OIL by 美術手帖(https://oil.bijutsutecho.com/)にて6月3日12時より販売を開始いたします。

第5弾 長島伊織 × 山田康平

共同アトリエにて 撮影=中島良平

 アーティストによる対談連載、作品紹介を行う企画「DIALOGUE for ART」。本企画では、アーティストたちが何を考えながら制作にのぞんでいるのか、何を目指し、悩みながら、どのように作品をつくり上げているのか。作家同士の対談というかたちでクリエイションの核心にアプローチしていきます。

 今回は、長島伊織と山田康平による対談です。武蔵野美術大学出身の同期生で現在は共同でアトリエを構えるふたりに、改めておたがいの制作についてお話しをうかがいました。

左:山田康平 右:長島伊織 撮影=中島良平

 対談記事はウェブ版美術手帖にて掲載し、対談に登場するアーティストの作品は、オンラインマー​ケットプレイス「OIL by 美術手帖」でご購入いただけます。アーティストの思いを対談を通して伝えること、彼らの生み出す作品に触れてもらい、コレクションしてもらうことで、アートシーンがさらに活性化していくことに貢献できればと考えています。

共同アトリエにて 撮影=中島良平

6月3日(金)12時公開!

 

プロフィール

長島伊織

1997年大阪府生まれ。2020年武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻卒業。主な個展に、「URTLAMARINE」(西武渋谷店、東京、2020)、「破片」(そごう横浜店、神奈川、2021)、「WINGSPAN」(ギャラリー和田、東京、2021)、「みちばたの手紙」(SCÈNE、東京、2021)、「OUTLINE」(そごう広島店、広島、2022)、「By the Window」、(阪急うめだ本店、大阪、2022)など。これまで参加したグループ展やアートフェアに「シブヤスタイルvol.13」(西武渋谷店、東京、2019)、「nine colors XIV」(西武渋谷店、東京、2020)、「ARTISTS' FAIR KYOTO」(京都文化博物館別館、2021)など。企業コラボレーションとして、銀座 蔦屋書店「LOVE&ART Xmas2020」 、VALENTINO「RomanStud」、ZOZOVILLA「THE PACKAGE」などがある。

6月3日(金)12時公開!

※発売時には両作家1作品ずつの出品となりますが、7月にそれぞれ他作品の追加出品を予定しております。

 

山田康平

1997年大阪府生まれ。2020年に武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻を卒業し、同年に京都芸術大学修士課程美術工芸領域油画専攻へ入学。19年に「学生選抜展」奨励賞を受賞。主な個展に、「それを隠すように」(biscuit gallery、東京、2022)、「のぼり、おりる」(ギャラリー美の舎、東京、2020)。これまで参加したグループ展やアートフェアに、「nine colors XVI」(西武渋谷店、東京、2022 )、「biscuit gallery Opening Exhibition II」(biscuit gallery、東京、2021)、「Up_01」(銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM、東京、2021)、「ARTISTS’ FAIR KYOTO」(京都文化博物館別館、2020)などがある。

6月3日(金)12時公開!

※6月3日の記事公開時点では両作家1作品ずつの出品となりますが、数ヶ月以内にそれぞれ他作品の出品を予定しております。

 

第6弾予告

第6弾は7月公開予定。近年益々の注目を集めるアーティスト、浦川大志と松田ハルの対談と作品販売を行います。

左:浦川大志 右:松田ハル

編集部

Information

記事公開・作品販売|2022年6月3日(金)12時〜
企画|アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」
お問い合わせ|cs_oil@ccc.co.jp 

撮影=中島良平

撮影=中島良平