全身を「半刈り」にして「ハンガリー」に行った男。日焼けで万博のシンボルマークをお腹に作り街を半裸で闊歩した男。 画廊にバーを出現させ、2日間女装しローズチュウとして観客を招いた男。かと思えば、鉄道や船を解体し、約25トンにおよぶその廃鉄で 巨大な機械彫刻「スペースロブスターP-81」を作った男。衝撃的作品と逸話を残してきた美術作家、榎忠(エノキチュウ)。
1960年代の神戸を拠点に活動を開始し、現在も活躍めざましい榎忠は、自身の体を使った数々の芸術表現で常に観るものを刺激し、人間の可能性や社会との関係性を浮き彫りにしてきました。村上隆やヤノベケンジをはじめとして、彼の作品に触発された作家は数知れません。

本書は、1965年-2006年までの活動・作品を網羅した、榎忠の入門書と言える一冊です。
1944年の誕生から2007年の展覧会予定まで、榎本人がノートに手書きした原稿をそのまま印刷した年譜も必見。
*巻末にBar Rose Chu(1979年)酒ラベルを再デザインしたおまけシール付き。


執筆者一覧 *敬称略、各項アイウエオ順
【 評論文 Text 】
椹木野衣 Noi Sawaragi, 建畠晢 Akira Tatehata, 中島徳博 Tokuhiro Nakajima
山本忠勝 Tadakatsu Yamamoto, 山脇一夫 Kazuo Yamawakii

【 コラム Column 】
池水慶一 Keiichi Ikemizu, 植松奎二 Keiji Uematsu, 木ノ下智恵子 Chieko Kinoshita, 曽我陋 Rou Soga, 泥雅子 Masako Doro, 原久子 Hisako Hara, 堀尾貞治 Sadaharu Horio, 村上隆 Takashi Murakami, ヤノベケンジ Kenji Yanobe

【 作品解説 Commentary 】
今中規子 Noriko Imanaka

MORE

榎忠

榎忠 作品集「EVERYDAY LIFE」

2006

¥ 4,180 (税込)

全身を「半刈り」にして「ハンガリー」に行った男。日焼けで万博のシンボルマークをお腹に作り街を半裸で闊歩した男。 画廊にバーを出現させ、2日間女装しローズチュウとして観客を招いた男。かと思えば、鉄道や船を解体し、約25トンにおよぶその廃鉄で 巨大な機械彫刻「スペースロブスターP-81」を作った男。衝撃的作品と逸話を残してきた美術作家、榎忠(エノキチュウ)。
1960年代の神戸を拠点に活動を開始し、現在も活躍めざましい榎忠は、自身の体を使った数々の芸術表現で常に観るものを刺激し、人間の可能性や社会との関係性を浮き彫りにしてきました。村上隆やヤノベケンジをはじめとして、彼の作品に触発された作家は数知れません。

本書は、1965年-2006年までの活動・作品を網羅した、榎忠の入門書と言える一冊です。
1944年の誕生から2007年の展覧会予定まで、榎本人がノートに手書きした原稿をそのまま印刷した年譜も必見。
*巻末にBar Rose Chu(1979年)酒ラベルを再デザインしたおまけシール付き。


執筆者一覧 *敬称略、各項アイウエオ順
【 評論文 Text 】
椹木野衣 Noi Sawaragi, 建畠晢 Akira Tatehata, 中島徳博 Tokuhiro Nakajima
山本忠勝 Tadakatsu Yamamoto, 山脇一夫 Kazuo Yamawakii

【 コラム Column 】
池水慶一 Keiichi Ikemizu, 植松奎二 Keiji Uematsu, 木ノ下智恵子 Chieko Kinoshita, 曽我陋 Rou Soga, 泥雅子 Masako Doro, 原久子 Hisako Hara, 堀尾貞治 Sadaharu Horio, 村上隆 Takashi Murakami, ヤノベケンジ Kenji Yanobe

【 作品解説 Commentary 】
今中規子 Noriko Imanaka

MORE

取り扱い ギャラリーノマル
サイズ 29.7 x 21.0 x 2.0 cm
商品コード 1100000290
出版 Nomart Editions
ISBN 4861520894
配送までの期間 約2〜3日
備考 誌面の随所に榎本人の手形・指紋を印刷しています(デザインであり汚れではありません)。
カテゴリー