スイス人アーティスト、フィリップ・デクローザ(Philippe Decrauzat)の作品集。本書は、通常のモノグラフではなく、作者の作品を理解すると同時に、何より作者自身が換気させた研究分野やテーマをより深めるためのツールとして企画されたものである。作者にとって初の作品集である本書は、過去15年間に制作された映像作品、絵画、インスタレーションや彫刻作品の中でも重要な図版が収録されているほか、メキシコ系アメリカ人作家のジメナ・カナレス(Jimena Canales)、イギリス人アーティストのジェネシス・P・オリッジ(Genesis P. Orridge)、フランス人美術批評家のミシェル・ゴーティエ(Michel Gauthier)、オーストリア人映画監督のピーター・クベルカ(Peter Kubelka)、アメリカ人作家のタン・リン(Tan Lin)、アメリカ人キュレーターのボブ・ニッカス(Bob Nickas)、アーノルド・ピエール(Arnold Pierre)、ジョナサン・ポティエ(Jonathan Pouthier)とイギリス人グラフィックデザイナーのピーター・サヴィル(Peter Saville)によるエッセイも紹介されている。

作者は、2022年にフランス現代美術国際化推進会(ADIAF)が主催する「マルセル・デュシャン賞」の最終候補者としても選ばれている。

MORE

SOLD OUT

スイス人アーティスト、フィリップ・デクローザ(Philippe Decrauzat)の作品集。本書は、通常のモノグラフではなく、作者の作品を理解すると同時に、何より作者自身が換気させた研究分野やテーマをより深めるためのツールとして企画されたものである。作者にとって初の作品集である本書は、過去15年間に制作された映像作品、絵画、インスタレーションや彫刻作品の中でも重要な図版が収録されているほか、メキシコ系アメリカ人作家のジメナ・カナレス(Jimena Canales)、イギリス人アーティストのジェネシス・P・オリッジ(Genesis P. Orridge)、フランス人美術批評家のミシェル・ゴーティエ(Michel Gauthier)、オーストリア人映画監督のピーター・クベルカ(Peter Kubelka)、アメリカ人作家のタン・リン(Tan Lin)、アメリカ人キュレーターのボブ・ニッカス(Bob Nickas)、アーノルド・ピエール(Arnold Pierre)、ジョナサン・ポティエ(Jonathan Pouthier)とイギリス人グラフィックデザイナーのピーター・サヴィル(Peter Saville)によるエッセイも紹介されている。

作者は、2022年にフランス現代美術国際化推進会(ADIAF)が主催する「マルセル・デュシャン賞」の最終候補者としても選ばれている。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 30.4 x 22.8 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100017048
出版 WALTHER KÖNIG
著者 Philippe Decrauzat
ISBN 9783753300818
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)