ニューヨークの「Gladstone Gallery」が開催した「今」を描いたドローイングの展覧会「Drawing 2020」に伴い刊行された作品集。美術史家のモリー・ネズビット(Molly Nesbit)が編集。今から20年前の2000年夏、「00」というタイトルのもと、20世紀から21世紀への変わり目のドローイングを概観する展覧会が開催された。拡張し続けるこの展覧会の20周年記念となる「Drawing 2020」は、歴史的に重要な今この時にアーティストたちがどのように暮らしドローイング作品を制作しているのかを映し出すレンズとして再検討し、今も昔も変わらないその重要性や、ドローイングがいかにして静かな革命を起こし続けているか、アーティストによる解釈の違いといった側面に光を当てた。

我々の日常に影響を及ぼす身体的、政治的、技術的な要素、中でもデジタル消費の拡大とソーシャルメディアの台頭に呼応して、この20年間そして過去数カ月の間にドローイングは芸術的な表現として目覚ましい発達、進化を遂げた。直近では世界的なパンデミックによる自粛生活と世界各地に広がる人種差別問題の再考により視点が多様化し、こうした多面的な概念が世界やお互い、そして芸術に対する我々の見方を後戻りできないところまで様変わりさせた。にも関わらず、アーティストのビジョンと世界の視覚化を触覚的につなぐドローイングという行為はさらに先へと進み続け、何十年にも渡ってその重要性を失わなかっただけでなく、豊かなイマジネーションを持つ作品が今なお無数に生み出されている。この展覧会で紹介された作品は、伝統的なものからそうでないものまで幅広い素材と手法を用いて描かれ、拡張されたカテゴリの中でドローイングをドローイングたらしめている複雑さと本質的な性質を示している。

収録作家:
Tomma Abts, Derrick Adams, Etel Adnan, Ricci Albenda, Candida Alvarez, Tauba Auerbach, Matthew Barney, Alvaro Barrington, Georg Baselitz, Ellen Berkenblit, Huma Bhabha, Dike Blair, Nayland Blake, Mel Bochner, Andrea Bowers, Daniel Boyd, Joe Bradley, Kerstin Brätsch, Brianna Rose Brooks, Cecily Brown, Brian Calvin, Roger Danilo Carmona, Gillian Carnegie, Paul Chan, Ian Cheng, Xinyi Cheng, Kye Christensen-Knowles, Leidy Churchman, Claudia Comte, George Condo, Matt Connors, Enrico David, Thea Djordjadze, Carroll Dunham, Lukas Duwenhögger, Torkwase Dyson, Thomas Eggerer, Nicole Eisenman, Hadi Fallahpisheh, Christina Forrer, Louis Fratino, Charles Gaines, Maureen Gallace, Ellen Gallagher, Mark Thomas Gibson, Liam Gillick, Robert Gober, Wade Guyton, Hao Liang, Rachel Harrison, Hugh Hayden, Thomas Hirschhorn, Jonathan Horowitz, Jacqueline Humphries, Patricia Iglesias Peco, Cameron Jamie, Cheyenne Julien, Jane Kaplowitz, Alex Katz, Karen Kilimnik, Josh Kline, Michael Krebber, Ella Kruglyanskaya, Liz Larner, Ellen Lesperance, Andrew Lord, Victor Man, Mark Manders, Helen Marten, Nick Mauss, Sam McKinniss, Bjarne Melgaard, Dawn Mellor, Stuart Middleton, Jill Mulleady, Wangechi Mutu, Gladys Nilsson, Albert Oehlen, Ken Okiishi, Damián Ortega, Philippe Parreno, Adam Pendleton, Raymond Pettibon, Elizabeth Peyton, Tobias Pils, Pope.L, Walter Price, Richard Prince, Adam Putnam, Christina Quarles, R. H. Quaytman, David Rappeneau, Lucy Raven, Deborah Roberts, Ugo Rondinone, Ed Ruscha, Anri Sala, David Salle, Peter Saul, Thomas Schütte, Joel Shapiro, Steven Shearer, Paul Sietsema, Amy Sillman, Billy Sullivan, Christine Sun Kim, Emily Sundblad, Cheyney Thompson, Rirkrit Tiravanija, Jason Tomme, Rosemarie Trockel, Paloma Varga Weisz, Banks Violette, Lawrence Weiner, Cathy Wilkes, Michael Williams, Terry Winters, Issy Wood, Jonas Wood, Lisa Yuskavage

MORE

DRAWING 2020

2021

¥ 4,400 (税込)

ニューヨークの「Gladstone Gallery」が開催した「今」を描いたドローイングの展覧会「Drawing 2020」に伴い刊行された作品集。美術史家のモリー・ネズビット(Molly Nesbit)が編集。今から20年前の2000年夏、「00」というタイトルのもと、20世紀から21世紀への変わり目のドローイングを概観する展覧会が開催された。拡張し続けるこの展覧会の20周年記念となる「Drawing 2020」は、歴史的に重要な今この時にアーティストたちがどのように暮らしドローイング作品を制作しているのかを映し出すレンズとして再検討し、今も昔も変わらないその重要性や、ドローイングがいかにして静かな革命を起こし続けているか、アーティストによる解釈の違いといった側面に光を当てた。

我々の日常に影響を及ぼす身体的、政治的、技術的な要素、中でもデジタル消費の拡大とソーシャルメディアの台頭に呼応して、この20年間そして過去数カ月の間にドローイングは芸術的な表現として目覚ましい発達、進化を遂げた。直近では世界的なパンデミックによる自粛生活と世界各地に広がる人種差別問題の再考により視点が多様化し、こうした多面的な概念が世界やお互い、そして芸術に対する我々の見方を後戻りできないところまで様変わりさせた。にも関わらず、アーティストのビジョンと世界の視覚化を触覚的につなぐドローイングという行為はさらに先へと進み続け、何十年にも渡ってその重要性を失わなかっただけでなく、豊かなイマジネーションを持つ作品が今なお無数に生み出されている。この展覧会で紹介された作品は、伝統的なものからそうでないものまで幅広い素材と手法を用いて描かれ、拡張されたカテゴリの中でドローイングをドローイングたらしめている複雑さと本質的な性質を示している。

収録作家:
Tomma Abts, Derrick Adams, Etel Adnan, Ricci Albenda, Candida Alvarez, Tauba Auerbach, Matthew Barney, Alvaro Barrington, Georg Baselitz, Ellen Berkenblit, Huma Bhabha, Dike Blair, Nayland Blake, Mel Bochner, Andrea Bowers, Daniel Boyd, Joe Bradley, Kerstin Brätsch, Brianna Rose Brooks, Cecily Brown, Brian Calvin, Roger Danilo Carmona, Gillian Carnegie, Paul Chan, Ian Cheng, Xinyi Cheng, Kye Christensen-Knowles, Leidy Churchman, Claudia Comte, George Condo, Matt Connors, Enrico David, Thea Djordjadze, Carroll Dunham, Lukas Duwenhögger, Torkwase Dyson, Thomas Eggerer, Nicole Eisenman, Hadi Fallahpisheh, Christina Forrer, Louis Fratino, Charles Gaines, Maureen Gallace, Ellen Gallagher, Mark Thomas Gibson, Liam Gillick, Robert Gober, Wade Guyton, Hao Liang, Rachel Harrison, Hugh Hayden, Thomas Hirschhorn, Jonathan Horowitz, Jacqueline Humphries, Patricia Iglesias Peco, Cameron Jamie, Cheyenne Julien, Jane Kaplowitz, Alex Katz, Karen Kilimnik, Josh Kline, Michael Krebber, Ella Kruglyanskaya, Liz Larner, Ellen Lesperance, Andrew Lord, Victor Man, Mark Manders, Helen Marten, Nick Mauss, Sam McKinniss, Bjarne Melgaard, Dawn Mellor, Stuart Middleton, Jill Mulleady, Wangechi Mutu, Gladys Nilsson, Albert Oehlen, Ken Okiishi, Damián Ortega, Philippe Parreno, Adam Pendleton, Raymond Pettibon, Elizabeth Peyton, Tobias Pils, Pope.L, Walter Price, Richard Prince, Adam Putnam, Christina Quarles, R. H. Quaytman, David Rappeneau, Lucy Raven, Deborah Roberts, Ugo Rondinone, Ed Ruscha, Anri Sala, David Salle, Peter Saul, Thomas Schütte, Joel Shapiro, Steven Shearer, Paul Sietsema, Amy Sillman, Billy Sullivan, Christine Sun Kim, Emily Sundblad, Cheyney Thompson, Rirkrit Tiravanija, Jason Tomme, Rosemarie Trockel, Paloma Varga Weisz, Banks Violette, Lawrence Weiner, Cathy Wilkes, Michael Williams, Terry Winters, Issy Wood, Jonas Wood, Lisa Yuskavage

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 30.0 x 22.0 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100011254
出版 WALTHER KÖNIG
ISBN 9783960989271
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥550(税込)