東京で活動するアーティスト添田奈那の紙のペインティングです。添田はライフワーク的なこの作品は、既視感のある何かで構成されています。

NANA SOEDA 1994 - Japan

NANA SOEDA / 添田 奈那1994年生まれ。東京都出身。東京造形大学・英国セントラルセントマーティンズ中退。

東京でアニメーション学びその後英国の名門美術大学でペインティングを学んだ添田が描くどことなく不穏な空気を感じるユーモアあふれるキャラクターは、現代社会で心身を疲弊している人類の怒りや悲しみを代弁し、時に共に涙し、時に癒しを与えてくれる存在です。

大量のデッサンの中からモチーフを決め、あくまでも感情的に描かれるペインティングからは彼女自身のパワーをありありと感じることできます。ストレートにネガティブな感情を表現するのではなく日頃慣れ親しんだキャラクター的ビジュアルを経由することで愛らしいペインティングやアニメーションに変貌します。

アジアにあるおもちゃや看板から影響を受け「チープ」らしさを愛おしく感じながら、様々な理不尽な事柄に憤りや悲しみを感じそれらをテーマに平面作品やアニメーションを制作している添田は”怒りは尽きない”と語っています。

MORE

添田奈那

昔の記憶 no.1

2020

¥ 33,000 (税込)

東京で活動するアーティスト添田奈那の紙のペインティングです。添田はライフワーク的なこの作品は、既視感のある何かで構成されています。

NANA SOEDA 1994 - Japan

NANA SOEDA / 添田 奈那1994年生まれ。東京都出身。東京造形大学・英国セントラルセントマーティンズ中退。

東京でアニメーション学びその後英国の名門美術大学でペインティングを学んだ添田が描くどことなく不穏な空気を感じるユーモアあふれるキャラクターは、現代社会で心身を疲弊している人類の怒りや悲しみを代弁し、時に共に涙し、時に癒しを与えてくれる存在です。

大量のデッサンの中からモチーフを決め、あくまでも感情的に描かれるペインティングからは彼女自身のパワーをありありと感じることできます。ストレートにネガティブな感情を表現するのではなく日頃慣れ親しんだキャラクター的ビジュアルを経由することで愛らしいペインティングやアニメーションに変貌します。

アジアにあるおもちゃや看板から影響を受け「チープ」らしさを愛おしく感じながら、様々な理不尽な事柄に憤りや悲しみを感じそれらをテーマに平面作品やアニメーションを制作している添田は”怒りは尽きない”と語っています。

MORE

取り扱い BAF STUDIO TOKYO
サイズ 42.0 x 29.7 x cm
素材 acrylic / paper with frame
商品コード 1100004852
配送までの期間 決済後14日以内の発送
カテゴリー