うつつか

うつつか

うつつか

うつつか
うつつか
うつつか

山口藍の新作大型リトグラフ「うつつか」。着物を着て眠る少女たちの群像。
タイトルの「うつつか」は古今和歌集にある「世の中は夢かうつつかうつつとも夢とも知らずありてなければ」(よみ人知らず)に由来します。眠る少女たちは夢の世界にいるのか、この眠る少女たちの姿自体が夢の中なのかと、墨一色の世界が静かな空想を誘います。墨版のみ一版の上に長い時間をかけ、クレヨン、解き墨で非常に丁寧に描きこまれており、部分的には着物の柄として植物の葉の転写も用いています。

 

◯ 作家プロフィール

山口藍 / Ai Yamaguchi

1977年、東京に生まれる。1999年、ninyu works 結成。主にアクリルを用いて、ふくらみのある支持体の上に絵画を制作。繊細で壊れやすく、しかし同時に強さを持って生きる少女たちの感性をしなやかに描く。その舞台設定は「とうげのお茶や」で遊女として暮らす少女たち。 江戸期の文化や風俗、日本的なるもの、それらを象徴する「とうげのお茶や」の中に作者自身が降り立ち、彼女たちの日常を見つめ、情景が切り取られてゆく。エディション・ワークスでは1998年より、銅版画を中心に様々な技法で版画作品を制作。

MORE

山口藍

うつつか / utsutsuka

2018

¥ 247,500 (税込)

山口藍の新作大型リトグラフ「うつつか」。着物を着て眠る少女たちの群像。
タイトルの「うつつか」は古今和歌集にある「世の中は夢かうつつかうつつとも夢とも知らずありてなければ」(よみ人知らず)に由来します。眠る少女たちは夢の世界にいるのか、この眠る少女たちの姿自体が夢の中なのかと、墨一色の世界が静かな空想を誘います。墨版のみ一版の上に長い時間をかけ、クレヨン、解き墨で非常に丁寧に描きこまれており、部分的には着物の柄として植物の葉の転写も用いています。

 

◯ 作家プロフィール

山口藍 / Ai Yamaguchi

1977年、東京に生まれる。1999年、ninyu works 結成。主にアクリルを用いて、ふくらみのある支持体の上に絵画を制作。繊細で壊れやすく、しかし同時に強さを持って生きる少女たちの感性をしなやかに描く。その舞台設定は「とうげのお茶や」で遊女として暮らす少女たち。 江戸期の文化や風俗、日本的なるもの、それらを象徴する「とうげのお茶や」の中に作者自身が降り立ち、彼女たちの日常を見つめ、情景が切り取られてゆく。エディション・ワークスでは1998年より、銅版画を中心に様々な技法で版画作品を制作。

MORE

取り扱い 版画工房 エディション・ワークス
エディション 20
サイズ 79.5 x 98.5 x cm
素材 技法: リトグラフ 用紙: 楮紙
商品コード 1100002533
配送までの期間 20日程度
備考 額装での販売。
(額サイズ: 91.9 x 111.2 x 4.5 cm)
シートのみの購入をご希望の場合はお問い合わせください。
カテゴリー

RELATED ART WORKS山口藍の作品一覧