Y鳥のくちびる

Y鳥のくちびる

磨墨 静量
1925-2001
Seiryou SURUSUMI
1925年 台北生まれ。
旧制五高理科甲類(現熊本大学)卒業後、国立福岡少年院法務教官として勤務しながら、独学で絵を学ぶ。幻想絵画のパウル・クレーを思わせる穏やかな画風が特徴。
1957年に九州派結成に深く関わり、アンフォルメル(非定形)の抽象作品で前衛美術の可能性を問い、グループ内で「アカディズム派」と呼ばれた。1959年には「グループ西日本」を立ち上げて、「九州派」から離脱。その後、斎藤秀三郎たちと「グループ西日本展」(西日本美術協会展)を開催する。
「九州派」の中でも異彩を放ち、穏やかな画風の作品から、墨を基調とした激しいタッチの作品まで、色と形をテーマにしてさまざまなアプローチで作品を作り続けた。
“叙情に安住するのではなく、画面を革新しようという気持ちをいつも持っていた” とされる。

MORE

磨墨静量

Y鳥のくちびる

1994

¥ ASK

磨墨 静量
1925-2001
Seiryou SURUSUMI
1925年 台北生まれ。
旧制五高理科甲類(現熊本大学)卒業後、国立福岡少年院法務教官として勤務しながら、独学で絵を学ぶ。幻想絵画のパウル・クレーを思わせる穏やかな画風が特徴。
1957年に九州派結成に深く関わり、アンフォルメル(非定形)の抽象作品で前衛美術の可能性を問い、グループ内で「アカディズム派」と呼ばれた。1959年には「グループ西日本」を立ち上げて、「九州派」から離脱。その後、斎藤秀三郎たちと「グループ西日本展」(西日本美術協会展)を開催する。
「九州派」の中でも異彩を放ち、穏やかな画風の作品から、墨を基調とした激しいタッチの作品まで、色と形をテーマにしてさまざまなアプローチで作品を作り続けた。
“叙情に安住するのではなく、画面を革新しようという気持ちをいつも持っていた” とされる。

MORE

取り扱い 画廊香月
サイズ 27.0 x 22.0 x cm
商品コード 1100006265
配送までの期間 発送日時に関しては、購入者の方に別途ご連絡差し上げます。
カテゴリー