AとBの現象に一見は何の関係もない。
しかし、長いスパンで見ると、それは関係している。
 
松下徹は1984年生まれのアーティストであり、2012年高須咲恵と発足した活動を開始したSIDE COREのディレクターとして知られる(SIDE COREには2017年より、西広太志も参加)。アーティストの顔とキュレーター(あるいはプロデューサー)の顔。一見すると相反するようにみえるそれは、キャンバスに描くのか、あるいは都市自体、出来事自体をキャンバスとして描くのか、支持体が違うだけで同じ松下から生まれた行為だ。
 
松下の作品は、現象自体を(たとえば振り子の動きやひび割れといった化学変化など)用いて作られている。現象は自分ではコントロールしきれないものだ。地球の自転による引力や電子の反応といった、マクロ・ミクロの力を松下は作品づくりに取りこんでいる。
SIDE COREは「都市空間における表現の拡張」をテーマに多数の展覧会を企画・開催してきたが、アーティストという、松下自身ではコントロールしきれない生の人間と一緒に、ある種反応をおこしながら、都市空間に表現を落とし込んでいく。そしてそれがまた波紋や現象を生んでいく。
 
松下は、その種を見つける人であり再発見していく人でもある。
いわば、探求者であり第一の目撃者、発見者でもある。
【ARTIST COMMENT】
制作のプロセスには必ず反復があり、そこに「待つ」という時間が含まれている。ある意味、無題に思える時間を繰り返しながら、次はどうしようか、あれはどうしようかと直感的に考えている。その部分の時間の結果には「存在しない、想像上の作品」があり、今目の前にある作品と対になっていると想像する。実際存在しないそれが視えてきたら面白いと思う。
 

MORE

松下徹

Long Circuit

2021

¥ 187,000 (税込)

AとBの現象に一見は何の関係もない。
しかし、長いスパンで見ると、それは関係している。
 
松下徹は1984年生まれのアーティストであり、2012年高須咲恵と発足した活動を開始したSIDE COREのディレクターとして知られる(SIDE COREには2017年より、西広太志も参加)。アーティストの顔とキュレーター(あるいはプロデューサー)の顔。一見すると相反するようにみえるそれは、キャンバスに描くのか、あるいは都市自体、出来事自体をキャンバスとして描くのか、支持体が違うだけで同じ松下から生まれた行為だ。
 
松下の作品は、現象自体を(たとえば振り子の動きやひび割れといった化学変化など)用いて作られている。現象は自分ではコントロールしきれないものだ。地球の自転による引力や電子の反応といった、マクロ・ミクロの力を松下は作品づくりに取りこんでいる。
SIDE COREは「都市空間における表現の拡張」をテーマに多数の展覧会を企画・開催してきたが、アーティストという、松下自身ではコントロールしきれない生の人間と一緒に、ある種反応をおこしながら、都市空間に表現を落とし込んでいく。そしてそれがまた波紋や現象を生んでいく。
 
松下は、その種を見つける人であり再発見していく人でもある。
いわば、探求者であり第一の目撃者、発見者でもある。
【ARTIST COMMENT】
制作のプロセスには必ず反復があり、そこに「待つ」という時間が含まれている。ある意味、無題に思える時間を繰り返しながら、次はどうしようか、あれはどうしようかと直感的に考えている。その部分の時間の結果には「存在しない、想像上の作品」があり、今目の前にある作品と対になっていると想像する。実際存在しないそれが視えてきたら面白いと思う。
 

MORE

取り扱い HARUKAITO by island
サイズ 43.0 x 43.0 x 3.5 cm
素材 Household paint on canvas, wood panel
商品コード 1100007983
著者 松下徹 Tohru Matsushita
配送までの期間 2週間ほどで発送致します
カテゴリー