メインビジュアルになっているドローイングに描かれた二つの円が重なった形「ヴィシカピシス」は、円が交差した部分が魚に見えることから”魚の浮袋”とも言われていますが、初期キリスト教のマークでもあり、仏像の光背にも近い形です。

過去の色々な宗教をみていくと、キリスト教、ユダヤ教から日本の家紋で使われる形の中に共通する、対称性のあるもの、三つ巴のものが多いと、有賀は気がつきました。

ケルト文化で用いられてきたシンボルの一種である「トリケトラ」は三位一体、「トリニティ」の図像も思い起こさせます。そうした共通項を探していくと、初期のジオメトリー、ピタゴラスやプラトン、ダ・ヴィンチといった過去の哲学者たちに有賀はたどり着いたと言います。

この宇宙はどんな形をしているのか?はじめの宇宙の形とは何なのか?

このまま宇宙は収縮するのかインフレーションをおこるのか?そうしたことを思索するなかで、有賀は、宇宙は一つではなくつねに3つあるのではないか?という仮定にたどり着きます。「プラトニック・ソリッド」の一つ、「テトラヒドロン」は人間の身体の基礎的な幾何学といわれいていますが、その形とピラミッドとの相似。古代幾何学といわれる、同じ大きさの円の規則的な構成による図案(フラクタル)「フラワー・オブ・ライフ」はコンパスだけで描かれています。ほかにもユダヤの生命の樹など、有賀は、ドローイングを描きながら、過去の哲学者や科学者、宗教家と対話を重ねていったようです。

先に図形を描いて、実際にそうした図が過去にあるか調べて行き、図をたよりに、図像から共通項を抽出し、円からつくられた比率を考えていきました。

 

この世界がどうなっているかを知りたいという探求心は全ての人や科学者、哲学者が思索するきっかけです。有賀は、昔の人も使える道具(コンパスやスケッチ、ドローイング)で想像力と観察をもって、世界の見方をある種、提案していると言えます。

 

MORE

有賀慎吾

C.C.C (Codex Conjoined Consciousness) #007

2020

¥ 165,000 (税込)

メインビジュアルになっているドローイングに描かれた二つの円が重なった形「ヴィシカピシス」は、円が交差した部分が魚に見えることから”魚の浮袋”とも言われていますが、初期キリスト教のマークでもあり、仏像の光背にも近い形です。

過去の色々な宗教をみていくと、キリスト教、ユダヤ教から日本の家紋で使われる形の中に共通する、対称性のあるもの、三つ巴のものが多いと、有賀は気がつきました。

ケルト文化で用いられてきたシンボルの一種である「トリケトラ」は三位一体、「トリニティ」の図像も思い起こさせます。そうした共通項を探していくと、初期のジオメトリー、ピタゴラスやプラトン、ダ・ヴィンチといった過去の哲学者たちに有賀はたどり着いたと言います。

この宇宙はどんな形をしているのか?はじめの宇宙の形とは何なのか?

このまま宇宙は収縮するのかインフレーションをおこるのか?そうしたことを思索するなかで、有賀は、宇宙は一つではなくつねに3つあるのではないか?という仮定にたどり着きます。「プラトニック・ソリッド」の一つ、「テトラヒドロン」は人間の身体の基礎的な幾何学といわれいていますが、その形とピラミッドとの相似。古代幾何学といわれる、同じ大きさの円の規則的な構成による図案(フラクタル)「フラワー・オブ・ライフ」はコンパスだけで描かれています。ほかにもユダヤの生命の樹など、有賀は、ドローイングを描きながら、過去の哲学者や科学者、宗教家と対話を重ねていったようです。

先に図形を描いて、実際にそうした図が過去にあるか調べて行き、図をたよりに、図像から共通項を抽出し、円からつくられた比率を考えていきました。

 

この世界がどうなっているかを知りたいという探求心は全ての人や科学者、哲学者が思索するきっかけです。有賀は、昔の人も使える道具(コンパスやスケッチ、ドローイング)で想像力と観察をもって、世界の見方をある種、提案していると言えます。

 

MORE

取り扱い HARUKAITO by island
サイズ 78.9 x 54.6 x cm
素材 紙、描画材
商品コード 1100005784
著者 有賀慎吾
配送までの期間 2週間ほどで発送いたします。
カテゴリー