OIL by 美術手帖ギャラリーで開催の個展「FOREVER - TOKYO 2022」(2022/4/14~4/26)にて発表された作品。

Sickboyにとって東京での個展は本展が2度⽬となります。2018年に開催した東京初個展「FOREVER」(Blockhouse、東京)は、その名の通り“永遠”をコンセプトとして、不変を問うものでした。本展でも同じく「FOREVER」をタイトルとしていますが、永遠と同時に儚さや不常についても探求することで、“永遠とは何を意味するか”について表現することを⽬指します。

本展は、Sickboyにとって重要な変換点となります。これまでの彼の作品はカラフルな⾊彩を特徴としてきましたが、今回初めて完全なモノトーンの作品を制作しました。また、通常の絵画や彫刻作品に加え、鉛筆画(ドローイング)を発表し、新しくカーボンプリントの作品にも挑戦しています。

鑑賞者はこの展覧会を通じて、Sickboyの提⽰する永続性と無常性の関係を、様々なかたちで感じることができます。絵が完成する以前から、にじんだり、変化したりする鉛筆という素材は、永続性を持つ絵の具と⽐較して即時性を表します。また、ライトボックス型の作品は、ライトボックスの物質としての堅固さと、その中に収められた絵画の緩さと⽣命⼒が相対して、親しみやすさを持ち合わせます。Sickboyは本展において、⾊彩や絵の具の使⽤を最⼩限に抑えながらも、これまででもっとも⼀貫性をもつ作品群をつくりあげました。

鉛筆か絵の具か。⿊か⽩か。定着しているか、消せるか。剥き出しのものか、しっかりしたものか。バラバラのものか、繋がったものか。刹那的か永遠か。

本展では、これら相反するものすべてのコントラストを感じることができます。時間という私たちの存在を固定するもの、そこから私たちを解放してくれるもの。Sickboyはその⼆⾯性を探求します。

MORE

Sickboy

STICKY SITUATION

2022

SOLD OUT

OIL by 美術手帖ギャラリーで開催の個展「FOREVER - TOKYO 2022」(2022/4/14~4/26)にて発表された作品。

Sickboyにとって東京での個展は本展が2度⽬となります。2018年に開催した東京初個展「FOREVER」(Blockhouse、東京)は、その名の通り“永遠”をコンセプトとして、不変を問うものでした。本展でも同じく「FOREVER」をタイトルとしていますが、永遠と同時に儚さや不常についても探求することで、“永遠とは何を意味するか”について表現することを⽬指します。

本展は、Sickboyにとって重要な変換点となります。これまでの彼の作品はカラフルな⾊彩を特徴としてきましたが、今回初めて完全なモノトーンの作品を制作しました。また、通常の絵画や彫刻作品に加え、鉛筆画(ドローイング)を発表し、新しくカーボンプリントの作品にも挑戦しています。

鑑賞者はこの展覧会を通じて、Sickboyの提⽰する永続性と無常性の関係を、様々なかたちで感じることができます。絵が完成する以前から、にじんだり、変化したりする鉛筆という素材は、永続性を持つ絵の具と⽐較して即時性を表します。また、ライトボックス型の作品は、ライトボックスの物質としての堅固さと、その中に収められた絵画の緩さと⽣命⼒が相対して、親しみやすさを持ち合わせます。Sickboyは本展において、⾊彩や絵の具の使⽤を最⼩限に抑えながらも、これまででもっとも⼀貫性をもつ作品群をつくりあげました。

鉛筆か絵の具か。⿊か⽩か。定着しているか、消せるか。剥き出しのものか、しっかりしたものか。バラバラのものか、繋がったものか。刹那的か永遠か。

本展では、これら相反するものすべてのコントラストを感じることができます。時間という私たちの存在を固定するもの、そこから私たちを解放してくれるもの。Sickboyはその⼆⾯性を探求します。

MORE

取り扱い OIL by 美術手帖 ARTWORKS
サイズ 77.0 x 57.0 x 2.0 cm
素材 紙に鉛筆、額装
商品コード 1100015999
配送までの期間 会期終了後、順次発送。梱包のご用意のため1~2週間ほどお時間をいただく場合がございます。
備考 額装付き
カテゴリー