「幕間(まくあい)」とは、芝居で一つの場面が終わって幕が引かれてから、次の幕が開くまでの間や、舞台上の幕の内側を意味します。1日の終わりから明日までの間、出来事との間、感情の間や、変わりゆく合間に息継ぎをするように松井はドローイングを描いています。


「絵の仲間-幕間」

映像と画像に溢れるこの時代に、影響をお互いに受けつついくつもの種類の「絵」が現れた。かれこれ8年近く、1日の終わりに何かを紙に描くことは、その日の画像認識をリセットする役割を担うようになった。気付かぬうちに。

その期間、ネットの裾野はただ広がっただけではなく種類は増え、その発信の種類によって、異なる形状と深度が見られるようになった。ネットの世界は可視化されている錯覚に陥らされる。しかし、その全体像は決してみることができない。常に変態し続け、あるものは冬虫夏草のように寄生し養分を吸い、あるものは全く穏やかに互いの共生の道を求める。そして殆どは、名のない個人の細やかな表現が漂い、それらは脆弱な糸で結ばれている。

摂理に忠実な蜘蛛の糸は、ネットの世界には存在しない。

地下水脈をたどると、洞窟の中の湖の水は恐ろしいほどに透明で美しく、そこに生息する小さな生き物は目をもたない。暗闇の中でも生きてゆくことができる生き物の存在。私の生活では、ネットとの共存がチグハグな状態になり、深い洞窟へ降りてゆくことがある。白昼でも目を見開いたまま、太陽の光を感受できない世界。少し顔を上げて窓の外を見る。地上の季節と時計は確実に進み、夏の空色は懐かしい写真の中に収まってしまった。目の前に繰り広げられる光の変化と私が選ぶ画材の色。それらは、とても密接な関係を持つ。白い美しい紙に手で色を施していく。目が次第に開くようになり、手はネットの時系列が交差する地下水系から、地上に浮かび上がろうと、狭い裏道を探しながら浮上を試みる。

毎日違う通路を経て浮かび上がると、さて、この世はなんという様相を呈しているのだろう。いくつもの出来事が毎日起こっているのだが、それらは画像の中でパラレルに存在する。数えられない多くの展覧会の情景も、苦しみに満ちた出来事も、穏やかな情景も、災害や争いによる脅威も、私の生活や歴史から切り離され、項目ごとに羅列されている。そして、私はその項目を見るだけで精一杯だ。遠近感はかつてのように客観的に機能しない。

「心情」というなんと厄介なものを含む心理戦があちこちで繰り広げられているとき、それらと適切な距離を持つことは、難しい。

爽やかな風が吹いている今日もまた、階上へ浮き上がるために、手にした鉛筆で線を引く。絵の具を出す前に紙が、待ってくれない時は、呼吸が苦しくなる前に息継ぎをして、次は色を選ぶ。パステルの赤と灰緑を試してみる。呼吸が苦しくなったこの数年、身体に起こった変化がかつてとどう違うのか、あるいは同じなのか、映像作品を作っていた時期の絵を含めて、息を吐く最中や吐ききった後に描いてきた、「絵」を旧いものから、今日のものまで並べることにした。

2022年11月20日

松井智惠

MORE

松井智惠

幕間-9

2022

¥ 215,820 (税込)

「幕間(まくあい)」とは、芝居で一つの場面が終わって幕が引かれてから、次の幕が開くまでの間や、舞台上の幕の内側を意味します。1日の終わりから明日までの間、出来事との間、感情の間や、変わりゆく合間に息継ぎをするように松井はドローイングを描いています。


「絵の仲間-幕間」

映像と画像に溢れるこの時代に、影響をお互いに受けつついくつもの種類の「絵」が現れた。かれこれ8年近く、1日の終わりに何かを紙に描くことは、その日の画像認識をリセットする役割を担うようになった。気付かぬうちに。

その期間、ネットの裾野はただ広がっただけではなく種類は増え、その発信の種類によって、異なる形状と深度が見られるようになった。ネットの世界は可視化されている錯覚に陥らされる。しかし、その全体像は決してみることができない。常に変態し続け、あるものは冬虫夏草のように寄生し養分を吸い、あるものは全く穏やかに互いの共生の道を求める。そして殆どは、名のない個人の細やかな表現が漂い、それらは脆弱な糸で結ばれている。

摂理に忠実な蜘蛛の糸は、ネットの世界には存在しない。

地下水脈をたどると、洞窟の中の湖の水は恐ろしいほどに透明で美しく、そこに生息する小さな生き物は目をもたない。暗闇の中でも生きてゆくことができる生き物の存在。私の生活では、ネットとの共存がチグハグな状態になり、深い洞窟へ降りてゆくことがある。白昼でも目を見開いたまま、太陽の光を感受できない世界。少し顔を上げて窓の外を見る。地上の季節と時計は確実に進み、夏の空色は懐かしい写真の中に収まってしまった。目の前に繰り広げられる光の変化と私が選ぶ画材の色。それらは、とても密接な関係を持つ。白い美しい紙に手で色を施していく。目が次第に開くようになり、手はネットの時系列が交差する地下水系から、地上に浮かび上がろうと、狭い裏道を探しながら浮上を試みる。

毎日違う通路を経て浮かび上がると、さて、この世はなんという様相を呈しているのだろう。いくつもの出来事が毎日起こっているのだが、それらは画像の中でパラレルに存在する。数えられない多くの展覧会の情景も、苦しみに満ちた出来事も、穏やかな情景も、災害や争いによる脅威も、私の生活や歴史から切り離され、項目ごとに羅列されている。そして、私はその項目を見るだけで精一杯だ。遠近感はかつてのように客観的に機能しない。

「心情」というなんと厄介なものを含む心理戦があちこちで繰り広げられているとき、それらと適切な距離を持つことは、難しい。

爽やかな風が吹いている今日もまた、階上へ浮き上がるために、手にした鉛筆で線を引く。絵の具を出す前に紙が、待ってくれない時は、呼吸が苦しくなる前に息継ぎをして、次は色を選ぶ。パステルの赤と灰緑を試してみる。呼吸が苦しくなったこの数年、身体に起こった変化がかつてとどう違うのか、あるいは同じなのか、映像作品を作っていた時期の絵を含めて、息を吐く最中や吐ききった後に描いてきた、「絵」を旧いものから、今日のものまで並べることにした。

2022年11月20日

松井智惠

MORE

取り扱い MEM
サイズ 86.1 x 66.2 x 4.0 cm
素材 紙にパステル
商品コード 1100021311
配送までの期間 2月中旬以降
個展会場ではアクリルの入っていない額で展示しているため、会期終了後にアクリルを装填してからのお渡しとなります。
備考 表記サイズは額縁の寸法
下記展覧会で展示中
松井智惠 展|絵の仲間-幕間
会期:2023年1月7日(土)-29日(日)
会場:MEM
カテゴリー