アントワン・ダガタは、マルセイユ出身。アンテルナシオナル・シチュアシオニストの運動に大きな影響を受ける。撮影現場になるコミュニティに自身が関与することを重要視している。被写体になる人たちと関係を結びともに生活する。だから撮影はしばしば長期に及ぶ。世界のさまざまな場所を移動しながら、複数の現場を手がけ、写真や映像作品にまとめられた作品は、出版、映画上映、展覧会等で展開される。
「VIRUS(ウイルス)」は、2020年3月17日、フランスでロックダウンが始まったタイミングで撮影を開始したプロジェクトだ。撮影は同年5月中旬までほぼ2ヶ月にわたって行われた。パリに加え、タヴェルニーやマルセイユなどいくつかの都市の病院で撮影を行ったという。病院のなかに患者が担ぎ込まれ治療されている現場を撮影したパートと、閑散とした街の路上を撮影したパートから構成され、内と外で進行するパンデミックをとらえている。ぽつんと途方に暮れたようにたたずむ人、身を寄せるところがない路上生活者、病院の集中治療室で横たわる患者、人も環境も建物も、ディテイルを奪われ、色彩のスペクトラムに還元されて表現されている。被写体の温度を色によって表現するサーモグラフィーで撮影しているのである。熱の分布が色で示されるので、そこにウイルスが存在し、人間とウイルスが共存していることがわかる。ウイルスの存在をカメラに収めるため、サーモグラフィーによる撮影に行き着いた。
本シリーズは、2020年7月にフランスのアルルで最初に展示され、その後メキシコ、スペイン、イタリア、中国、韓国、ウクライナで展示された。同名の作品集も出版され、映像作品もオンラインで公開されている。1〜2年の間に世界中、様々なメディアで展開されていった。
本シリーズ個展は日本では初めての開催である。

MORE

¥ 321,530 (税込)

アントワン・ダガタは、マルセイユ出身。アンテルナシオナル・シチュアシオニストの運動に大きな影響を受ける。撮影現場になるコミュニティに自身が関与することを重要視している。被写体になる人たちと関係を結びともに生活する。だから撮影はしばしば長期に及ぶ。世界のさまざまな場所を移動しながら、複数の現場を手がけ、写真や映像作品にまとめられた作品は、出版、映画上映、展覧会等で展開される。
「VIRUS(ウイルス)」は、2020年3月17日、フランスでロックダウンが始まったタイミングで撮影を開始したプロジェクトだ。撮影は同年5月中旬までほぼ2ヶ月にわたって行われた。パリに加え、タヴェルニーやマルセイユなどいくつかの都市の病院で撮影を行ったという。病院のなかに患者が担ぎ込まれ治療されている現場を撮影したパートと、閑散とした街の路上を撮影したパートから構成され、内と外で進行するパンデミックをとらえている。ぽつんと途方に暮れたようにたたずむ人、身を寄せるところがない路上生活者、病院の集中治療室で横たわる患者、人も環境も建物も、ディテイルを奪われ、色彩のスペクトラムに還元されて表現されている。被写体の温度を色によって表現するサーモグラフィーで撮影しているのである。熱の分布が色で示されるので、そこにウイルスが存在し、人間とウイルスが共存していることがわかる。ウイルスの存在をカメラに収めるため、サーモグラフィーによる撮影に行き着いた。
本シリーズは、2020年7月にフランスのアルルで最初に展示され、その後メキシコ、スペイン、イタリア、中国、韓国、ウクライナで展示された。同名の作品集も出版され、映像作品もオンラインで公開されている。1〜2年の間に世界中、様々なメディアで展開されていった。
本シリーズ個展は日本では初めての開催である。

MORE

取り扱い MEM
エディション 15
サイズ 52.0 x 42.0 x 2.8 cm
素材 インクジェット・プリント
商品コード 1100014802
配送までの期間 額付。ご注文後にプリントと額を制作しますので、発送日に関しては、ご購入者へ別途ご連絡いたします。
目安:プリント制作に1〜2週間、額制作に約3週間
備考 表記サイズは額サイズです。価格は額代を含みます。
額の仕様:木製、UVカットアクリル、ブックマット装填
色:黒、白、茶から選択可。ご指定が無い場合は白色で制作します。
※為替変動により価格が変更されることがあります
プリントのみ購入ご希望の方はMEMへお問い合わせください。イメージサイズ:40×30cm
同イメージで大きなサイズもございます。詳細はMEMへお問い合わせください。
カテゴリー