シュウゴアーツでは11月19日(土)より、髙畠依子個展「CAVE」を開催いたします。

髙畠依子はこれまで、糸のように細く絞り出した絵の具をキャンバス上に織物を織るかのように重ねるというユニークな表現で注目を集めてきました。さらに風や水、火、磁力といった地球上の自然の力を取り入れ、絵画の新たな可能性を追求しています。

新シリーズである「CAVE」は、ラスコーなど先史時代の洞窟絵画が描かれた空間や、鍾乳石が形作られるプロセスにインスピレーションを得て生まれました。今回は油絵の具ではなく、洞窟の主な成分でもある石灰岩からなる漆喰液が絵の具として使われています。様々な加工を施したキャンバス(麻布)をくり返し漆喰液に浸すことで、画面上に鍾乳石が形作られるようにして生まれた作品です。

「CAVE」シリーズより、個展会期中限定でお部屋にも飾りやすいサイズの作品をご紹介いたします。重力と漆喰を用いて髙畠が描く、時空を超えた壮大な洞窟ロマンのエッセンスを感じていただける1点です。


髙畠依子個展「CAVE」
会期:2022年11月19日(土) – 12月24日(土)
会場:シュウゴアーツ (東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F)
開廊時間:12:00 – 18:00 日月祝休廊

*本作は展覧会出品作ではございません

MORE

髙畠依子

CAVE

2021

¥ 451,000 (税込)

シュウゴアーツでは11月19日(土)より、髙畠依子個展「CAVE」を開催いたします。

髙畠依子はこれまで、糸のように細く絞り出した絵の具をキャンバス上に織物を織るかのように重ねるというユニークな表現で注目を集めてきました。さらに風や水、火、磁力といった地球上の自然の力を取り入れ、絵画の新たな可能性を追求しています。

新シリーズである「CAVE」は、ラスコーなど先史時代の洞窟絵画が描かれた空間や、鍾乳石が形作られるプロセスにインスピレーションを得て生まれました。今回は油絵の具ではなく、洞窟の主な成分でもある石灰岩からなる漆喰液が絵の具として使われています。様々な加工を施したキャンバス(麻布)をくり返し漆喰液に浸すことで、画面上に鍾乳石が形作られるようにして生まれた作品です。

「CAVE」シリーズより、個展会期中限定でお部屋にも飾りやすいサイズの作品をご紹介いたします。重力と漆喰を用いて髙畠が描く、時空を超えた壮大な洞窟ロマンのエッセンスを感じていただける1点です。


髙畠依子個展「CAVE」
会期:2022年11月19日(土) – 12月24日(土)
会場:シュウゴアーツ (東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F)
開廊時間:12:00 – 18:00 日月祝休廊

*本作は展覧会出品作ではございません

MORE

取り扱い シュウゴアーツ
サイズ 41.0 x 31.0 x cm
素材 布、漆喰、PVA、アクリル絵具、パネル
商品コード 1100020438
配送までの期間 2週間程度
*ご希望の配達時間帯や曜日がございましたら、ご購入画面の備考欄にご記入ください。
備考 価格には国内への配送料を含んでおります。北海道、沖縄、離島へお届けの際は追加で配送料を頂戴する場合がございます。その際はShugoArts担当者より直接ご連絡を申し上げます。
カテゴリー