• HOME
  • ARTWORK
  • 無題1(《28の死》版画) Untitled 1

⽇本を代表する彫刻家、⼾⾕成雄の希少なエッチング作品です。この作品の元となった⼤作「28 の死 I」は正⽅形に製材された⽊の塊をチェーンソーで彫り抜き、4x7 列のグリット状に積み上げた全⻑ 248x434cm にもなる 1990 年前後の代表作です。(福岡市美術館蔵)「28 の死 I」の⽊彫の表⾯と裏⾯のイメージに沿って同⼨の銅板にチェーンソーを当てて制作されました。「ネガとポジ」、「光と影」あるいは「⽣と死」などの⼆項対⽴する事象の境界は、⼾⾕本⼈が制作の中枢として据えてきたテーマでもあります。エディションの分⺟が 28 であるなど、 数字にも作家の隠れたこだわりがみえる作品です。

--
戸谷成雄
1947 年⻑野県⼩川村⽣まれ。埼⽟県在住。その類い稀な彫刻観に裏付けされた作品群により、⽇本、アジア、パシフィックを代表する彫刻の第⼀⼈者と⽬されて久しい。主な展覧会に 1988 年ヴェニスビエンナーレ⽇本館、1994 年個展「<⼭‒森‒村>⼾⾕成雄」町⽴久万美術館、1995 年個展「視線の森」広島市現代美術館、2000 年光州ビエンナーレ(アジア賞受賞)、2003 年個展「⼾⾕成雄 森の襞の⾏⽅」愛知県⽴美術館、2011-12 年個展「洞⽳の記憶」ヴァンジ彫刻庭園美術館、2017 年個展「⼾⾕成雄─現れる彫刻」武蔵野美術⼤学 美術館・図書館など。主な出版物に 2014 年『⼾⾕成雄 彫刻と⾔葉 1974-2013』ヴァンジ彫刻庭園美術館、2017 年『⼾⾕成雄─現れる彫刻』武蔵野美術⼤学美術館・図書館など。

MORE

戸谷成雄

無題1(《28の死》版画) Untitled 1

1990 - 2018

¥ 275,000 (税込)

⽇本を代表する彫刻家、⼾⾕成雄の希少なエッチング作品です。この作品の元となった⼤作「28 の死 I」は正⽅形に製材された⽊の塊をチェーンソーで彫り抜き、4x7 列のグリット状に積み上げた全⻑ 248x434cm にもなる 1990 年前後の代表作です。(福岡市美術館蔵)「28 の死 I」の⽊彫の表⾯と裏⾯のイメージに沿って同⼨の銅板にチェーンソーを当てて制作されました。「ネガとポジ」、「光と影」あるいは「⽣と死」などの⼆項対⽴する事象の境界は、⼾⾕本⼈が制作の中枢として据えてきたテーマでもあります。エディションの分⺟が 28 であるなど、 数字にも作家の隠れたこだわりがみえる作品です。

--
戸谷成雄
1947 年⻑野県⼩川村⽣まれ。埼⽟県在住。その類い稀な彫刻観に裏付けされた作品群により、⽇本、アジア、パシフィックを代表する彫刻の第⼀⼈者と⽬されて久しい。主な展覧会に 1988 年ヴェニスビエンナーレ⽇本館、1994 年個展「<⼭‒森‒村>⼾⾕成雄」町⽴久万美術館、1995 年個展「視線の森」広島市現代美術館、2000 年光州ビエンナーレ(アジア賞受賞)、2003 年個展「⼾⾕成雄 森の襞の⾏⽅」愛知県⽴美術館、2011-12 年個展「洞⽳の記憶」ヴァンジ彫刻庭園美術館、2017 年個展「⼾⾕成雄─現れる彫刻」武蔵野美術⼤学 美術館・図書館など。主な出版物に 2014 年『⼾⾕成雄 彫刻と⾔葉 1974-2013』ヴァンジ彫刻庭園美術館、2017 年『⼾⾕成雄─現れる彫刻』武蔵野美術⼤学美術館・図書館など。

MORE

取り扱い シュウゴアーツ
エディション 28
サイズ 60.0 x 60.0 x cm
素材 エッチング、アクアチント
商品コード 1100000700
配送までの期間 2週間程度
備考 フレームサイズ:89.7x84.4cm
戸谷成雄―現れる彫刻、北澤智豊(編)、2017、武蔵野美術大学 美術館•図書館、161p、#208_01

配送料については別途ご請求となりますので、予めご了承ください。
カテゴリー

RELATED ART WORKS戸谷成雄の作品一覧

RELATED ART PRODUCTS戸谷成雄のアートプロダクト一覧