■作品・基本情報
作家がライフワークとして制作し続けている十数冊に及ぶスクラップのうちの一冊を、完全再現でリプロダクション。映画や漫画、音楽雑誌、図録、チラシ、ポストカードや衣服に至るまで、貴志が収集したありとあらゆる印刷媒体をわずか名刺サイズという制約を決めてトリミングし、ファイリングしたもの。各紙片は入念に吟味した上で所定のポケットに収められ、また、見開きにした時に何とも言えない絶妙な構成となっている。

ありふれた素材にシンプルな加工をして、それでいて誰も見た事のない/理解されないようなものを作り出そうとしている貴志にとって、本スクラップファイルはその基本姿勢の原点といえる。見る人が見れば元ネタが分かるものや、重箱の隅をつつくようなマニアックなもの、ついつい笑いが漏れるようなおかしなもの、それらが奇を衒うでもなく淡々と、味気ない事務用名刺ファイルに整理されている様子は、貴志らしさに溢れている。

総数480ピースにおよぶボリューム、特殊加工によって再現された非常に手の込んだものもあり、全く飽きさせない。布地に関しては、オリジナルに極力近い布を厳選した上で、一点づつ手作業によるアイロンプリントと縫製が施されている。また、作家が一枚ずつ名刺サイズの罫線を引いてハサミで切り抜いているオリジナル作品同様、一枚ずつ罫線を引き、ハサミによる手作業を行う事で貴志の手仕事のニュアンスを再現。他にも手ちぎりによる紙のコラージュや、表裏の内容が非常に面白い3枚だけは特別に 両面印刷によって再現されているなど、最大限オリジナルに倣った仕上がり。

限定200部のスペシャルエディション、養生テープで作った表紙ラベルは全て作家直筆、奥付には直筆サイン/ナンバリング入り。

主な収蔵先実績:国立国際美術館(大阪)

■アーティスト・プロフィール
貴志真生也(1986~)
大阪府生まれ。2009年京都市立芸術大学彫刻科卒業。看板、建物、社会といった、人によって作られた環境をモチーフとし、その意味を問い直す作品を制作している。発砲スチロール、角材、ブルーシートなど
の工業資材を見立てによって作品とする。素材は規格そのままに、作家の手の痕跡を残さないよう意識され、不要な意味を排除したシンプルな形態へと落とし込まれている。

主な展覧会として、個展「リトルキャッスル」(児玉画廊、東京、2009)、「バクロニム」(児玉画廊 、東京、2010)、「鼻向け」(Antenna Art Space、京都、2010年)、「またのぞき」(神戸アートビレッジセンター1F、神戸、2014)などがある。 2011年には、メゾン・エルメス(東京)のウィンドーディスプレイを手がける。

MORE

貴志真生也

Scrapbook 1

2013

¥ 44,000 (税込)

■作品・基本情報
作家がライフワークとして制作し続けている十数冊に及ぶスクラップのうちの一冊を、完全再現でリプロダクション。映画や漫画、音楽雑誌、図録、チラシ、ポストカードや衣服に至るまで、貴志が収集したありとあらゆる印刷媒体をわずか名刺サイズという制約を決めてトリミングし、ファイリングしたもの。各紙片は入念に吟味した上で所定のポケットに収められ、また、見開きにした時に何とも言えない絶妙な構成となっている。

ありふれた素材にシンプルな加工をして、それでいて誰も見た事のない/理解されないようなものを作り出そうとしている貴志にとって、本スクラップファイルはその基本姿勢の原点といえる。見る人が見れば元ネタが分かるものや、重箱の隅をつつくようなマニアックなもの、ついつい笑いが漏れるようなおかしなもの、それらが奇を衒うでもなく淡々と、味気ない事務用名刺ファイルに整理されている様子は、貴志らしさに溢れている。

総数480ピースにおよぶボリューム、特殊加工によって再現された非常に手の込んだものもあり、全く飽きさせない。布地に関しては、オリジナルに極力近い布を厳選した上で、一点づつ手作業によるアイロンプリントと縫製が施されている。また、作家が一枚ずつ名刺サイズの罫線を引いてハサミで切り抜いているオリジナル作品同様、一枚ずつ罫線を引き、ハサミによる手作業を行う事で貴志の手仕事のニュアンスを再現。他にも手ちぎりによる紙のコラージュや、表裏の内容が非常に面白い3枚だけは特別に 両面印刷によって再現されているなど、最大限オリジナルに倣った仕上がり。

限定200部のスペシャルエディション、養生テープで作った表紙ラベルは全て作家直筆、奥付には直筆サイン/ナンバリング入り。

主な収蔵先実績:国立国際美術館(大阪)

■アーティスト・プロフィール
貴志真生也(1986~)
大阪府生まれ。2009年京都市立芸術大学彫刻科卒業。看板、建物、社会といった、人によって作られた環境をモチーフとし、その意味を問い直す作品を制作している。発砲スチロール、角材、ブルーシートなど
の工業資材を見立てによって作品とする。素材は規格そのままに、作家の手の痕跡を残さないよう意識され、不要な意味を排除したシンプルな形態へと落とし込まれている。

主な展覧会として、個展「リトルキャッスル」(児玉画廊、東京、2009)、「バクロニム」(児玉画廊 、東京、2010)、「鼻向け」(Antenna Art Space、京都、2010年)、「またのぞき」(神戸アートビレッジセンター1F、神戸、2014)などがある。 2011年には、メゾン・エルメス(東京)のウィンドーディスプレイを手がける。

MORE

取り扱い 児玉画廊|天王洲
エディション edition of 200
サイズ 31.4 x 25.0 x 3.6 cm
素材 事務用名刺フォルダー、スクラップ (480ピース)
商品コード 1100000231
配送までの期間 2週間程度
カテゴリー