〈FORCE〉シリーズ

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大による世界の変化は、我々が作り上げてきた社会を超える「力」の存在を改めて認識させた。時間の象徴化を試みた《FORCE #00》は、円型フレームの歪みにより、鏡面の帯が重なる中心部分に僅かな奥行きが生まれた。この見えざる「力」は、果てしない時間、環境の変化に対応してきた人類の進化に曲折をもたらそうとしたものなのか。

そして、今回制作された《FORCE #01~06》のシリーズは、無反射塗装でシルエット化され絵画としての正面が描かれているが、実際は何年もかけて成長しようとする内側からの「力」と何らか見えない外部「力」により生成された木のオブジェクトである。私はこの2面性に、これまで我々が信じてきた人類の進化の姿と、これからの見えざる「力」による時代の曲折を投影している。


■アーティスト・プロフィール

藤元明(ふじもと・あきら)は1975年東京生まれ。1999年コミュニケーションリサーチセンターFABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学大学院を修了(デザイン専攻)。東京藝術大学先端芸術表現科助手を経てNEW RECYCLE®をテーマとして、社会、環境などで起こる制御出来ない現象を社会へと問いかける展示やプロジェクトを立案・実施。

主な個展に『陸の海ごみ』(2019年、Gallery A4、東京)、『2021#ANTEROOM KYOTO』(2019年、HOTEL ANTEROOM KYOTO、京都)、『20世紀の亡霊』(2018年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『HEY DAY NOW』(2015年、COURTYARD HIROO ガロウ、東京)、『Energy Translation Now』(2014年、UltraSuperNew Gallery、東京)など。主なグループ展に『慰霊のエンジニアリング(TOKYO 2021美術展)』(2019年、TODA BUILDING、東京)、『アキラトアリキノアラタナアリタ:現代陶芸としての有田焼』(2017年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『ソーシャリー・エンゲイジド・アート:社会を動かすアートの新潮流』(2017年、アーツ千代田3331、東京)、『contact』(2015年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)など。 


■ FORCE series

Changes in the world caused by the spread of COVID-19 has reminded us of the existence of a “force” that exceeds the society we have built. In FORCE #00, which attempted to symbolize time, the distortion of the circular frame created a slight depth in its center where the mirrored bands overlap. Is this invisible “force” trying to bring a detour in the evolution of humankind that has responded to changes in the environment throughout a vast amount of time? 

The series FORCE #01-06 created on this occasion, are wooden objects coated with a non-reflective material. Although the objects have a flat silhouette of a painting, in reality, they exemplify the inner “force” that has tried to grow over many years, as well as an anonymous, invisible, and external “force.” In this two-sidedness, I projected the state of evolution that humankind has proceeded and believed in so far, and the distortion of the times towards our future due to the invisible “force.”


■ Artist Profile

Akira Fujimoto was born in 1975 in Tokyo. After working at the communication research center FABRICA (Italy) in 1999, Fujimoto completed his M.Des. at Tokyo University of the Arts, moving on to become an assistant faculty of Intermedia Art, Tokyo University of the Arts. Fujimoto plans and implements exhibitions and projects where he questions phenomena that occur in society and the environment under the theme NEW RECYCLE®.

His major solo exhibitions include Marine Garbage of Land (2019, Gallery A4, Tokyo)2021#ANTEROOM KYOTO (2019, HOTEL ANTEROOM KYOTO, Kyoto)The 20th Century Ghost (2018, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo)HEYDAY NOW (2015, COURTYARD HIROO GALLERY, 2015), and Energy Translation Now (2014, UltraSuperNew Gallery, Tokyo). Group exhibitions include TOKYO 2021: Engineering of Mourning (2019, TODA BUILDING, Tokyo)akira, aliki, arata, arita: contemporary arita porcelain (2017, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo)Socially Engaged Art: A New Wave of Art for Social Change (2017, 3331 Arts Chiyoda, Tokyo), and contact (2015, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo).

MORE

藤元明

FORCE #03

¥ LOGIN

〈FORCE〉シリーズ

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大による世界の変化は、我々が作り上げてきた社会を超える「力」の存在を改めて認識させた。時間の象徴化を試みた《FORCE #00》は、円型フレームの歪みにより、鏡面の帯が重なる中心部分に僅かな奥行きが生まれた。この見えざる「力」は、果てしない時間、環境の変化に対応してきた人類の進化に曲折をもたらそうとしたものなのか。

そして、今回制作された《FORCE #01~06》のシリーズは、無反射塗装でシルエット化され絵画としての正面が描かれているが、実際は何年もかけて成長しようとする内側からの「力」と何らか見えない外部「力」により生成された木のオブジェクトである。私はこの2面性に、これまで我々が信じてきた人類の進化の姿と、これからの見えざる「力」による時代の曲折を投影している。


■アーティスト・プロフィール

藤元明(ふじもと・あきら)は1975年東京生まれ。1999年コミュニケーションリサーチセンターFABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学大学院を修了(デザイン専攻)。東京藝術大学先端芸術表現科助手を経てNEW RECYCLE®をテーマとして、社会、環境などで起こる制御出来ない現象を社会へと問いかける展示やプロジェクトを立案・実施。

主な個展に『陸の海ごみ』(2019年、Gallery A4、東京)、『2021#ANTEROOM KYOTO』(2019年、HOTEL ANTEROOM KYOTO、京都)、『20世紀の亡霊』(2018年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『HEY DAY NOW』(2015年、COURTYARD HIROO ガロウ、東京)、『Energy Translation Now』(2014年、UltraSuperNew Gallery、東京)など。主なグループ展に『慰霊のエンジニアリング(TOKYO 2021美術展)』(2019年、TODA BUILDING、東京)、『アキラトアリキノアラタナアリタ:現代陶芸としての有田焼』(2017年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『ソーシャリー・エンゲイジド・アート:社会を動かすアートの新潮流』(2017年、アーツ千代田3331、東京)、『contact』(2015年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)など。 


■ FORCE series

Changes in the world caused by the spread of COVID-19 has reminded us of the existence of a “force” that exceeds the society we have built. In FORCE #00, which attempted to symbolize time, the distortion of the circular frame created a slight depth in its center where the mirrored bands overlap. Is this invisible “force” trying to bring a detour in the evolution of humankind that has responded to changes in the environment throughout a vast amount of time? 

The series FORCE #01-06 created on this occasion, are wooden objects coated with a non-reflective material. Although the objects have a flat silhouette of a painting, in reality, they exemplify the inner “force” that has tried to grow over many years, as well as an anonymous, invisible, and external “force.” In this two-sidedness, I projected the state of evolution that humankind has proceeded and believed in so far, and the distortion of the times towards our future due to the invisible “force.”


■ Artist Profile

Akira Fujimoto was born in 1975 in Tokyo. After working at the communication research center FABRICA (Italy) in 1999, Fujimoto completed his M.Des. at Tokyo University of the Arts, moving on to become an assistant faculty of Intermedia Art, Tokyo University of the Arts. Fujimoto plans and implements exhibitions and projects where he questions phenomena that occur in society and the environment under the theme NEW RECYCLE®.

His major solo exhibitions include Marine Garbage of Land (2019, Gallery A4, Tokyo)2021#ANTEROOM KYOTO (2019, HOTEL ANTEROOM KYOTO, Kyoto)The 20th Century Ghost (2018, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo)HEYDAY NOW (2015, COURTYARD HIROO GALLERY, 2015), and Energy Translation Now (2014, UltraSuperNew Gallery, Tokyo). Group exhibitions include TOKYO 2021: Engineering of Mourning (2019, TODA BUILDING, Tokyo)akira, aliki, arata, arita: contemporary arita porcelain (2017, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo)Socially Engaged Art: A New Wave of Art for Social Change (2017, 3331 Arts Chiyoda, Tokyo), and contact (2015, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo).

MORE

取り扱い KANA KAWANISHI GALLERY
サイズ 30.0 x 50.0 x 12.5 cm
素材 wood, non-reflective black coating (acrylic)
商品コード 1100004633
配送までの期間 2週間程度
カテゴリー

RELATED ART WORKS藤元明の作品一覧