〈Snap〉シリーズ

〈Snap〉シリーズ(2019-)は、作家・藤元明が自身の活動の中で関わる場面を切り取り、そのまま作品にするシリーズ。スナップ写真のような風景の切り取りではなく、作家の意志が反映されたテリトリー内の空間から切り出される。行為そのものが作品となる作家のアクティビティーを、映像や写真だけでなく作家本人の視点で物理的に切り出すアーカイブでもある。

■作品について

《Snap#TOKYO 2021_05》は、2019年秋に東京・日本橋で開催された美術展『un/real engine ―― 慰霊のエンジニアリング』(「TOKYO2021」プロジェクト)の制作現場にて、アーティストHouxo Que(ホウコォ・キュウ)が作品制作した際の痕跡をアーティスト藤元明が切り取ったもの。


■アーティスト・プロフィール

藤元明(ふじもと・あきら)は1975年東京生まれ。1999年コミュニケーションリサーチセンターFABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学大学院を修了(デザイン専攻)。東京藝術大学先端芸術表現科助手を経てNEW RECYCLE®をテーマとして、社会、環境などで起こる制御出来ない現象を社会へと問いかける展示やプロジェクトを立案・実施。

主な個展に『陸の海ごみ』(2019年、Gallery A4、東京)、『2021#ANTEROOM KYOTO』(2019年、HOTEL ANTEROOM KYOTO、京都)、『20世紀の亡霊』(2018年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『HEY DAY NOW』(2015年、COURTYARD HIROO ガロウ、東京)、『Energy Translation Now』(2014年、UltraSuperNew Gallery、東京)など。主なグループ展に『慰霊のエンジニアリング(TOKYO 2021美術展)』(2019年、TODA BUILDING、東京)、『アキラトアリキノアラタナアリタ:現代陶芸としての有田焼』(2017年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『ソーシャリー・エンゲイジド・アート:社会を動かすアートの新潮流』(2017年、アーツ千代田3331、東京)、『contact』(2015年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)など。  


Snap series

Snap (2019-) is a series in which the artist, Akira Fujimoto, cuts out the scenes involved in his own activities. Instead of clipping the landscape like a snapshot, the works are cut out from scenes within the territory of the artist's practice. It is also a physical archive of cutting out the practices of the artist, whose activities become a work as is, and not only as videos and photographs. 

■ About the work

 

Snap#TOKYO 2021_05 was cut out by Fujimoto from the scene where the artist Houxo Que created his own work when he participated in the group exhibition un/real engine——engineering of mourning (TOKYO2021) curated by Yohei Kurose, organized by Akira Fujimoto. 


■ Artist Profile

Akira Fujimoto was born in 1975 in Tokyo. After working at the communication research center FABRICA (Italy) in 1999, Fujimoto completed his M.Des. at Tokyo University of the Arts, moving on to become an assistant faculty of Intermedia Art, Tokyo University of the Arts. Fujimoto plans and implements exhibitions and projects where he questions phenomena that occur in society and the environment under the theme NEW RECYCLE®.

His major solo exhibitions include Marine Garbage of Land (2019, Gallery A4, Tokyo)2021#ANTEROOM KYOTO (2019, HOTEL ANTEROOM KYOTO, Kyoto)The 20th Century Ghost (2018, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo)HEYDAY NOW (2015, COURTYARD HIROO GALLERY, 2015), and Energy Translation Now (2014, UltraSuperNew Gallery, Tokyo). Group exhibitions include TOKYO 2021: Engineering of Mourning (2019, TODA BUILDING, Tokyo)akira, aliki, arata, arita: contemporary arita porcelain (2017, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo)Socially Engaged Art: A New Wave of Art for Social Change (2017, 3331 Arts Chiyoda, Tokyo), and contact (2015, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo).

MORE

藤元明

Snap#TOKYO 2021_05

2019

¥ LOGIN

〈Snap〉シリーズ

〈Snap〉シリーズ(2019-)は、作家・藤元明が自身の活動の中で関わる場面を切り取り、そのまま作品にするシリーズ。スナップ写真のような風景の切り取りではなく、作家の意志が反映されたテリトリー内の空間から切り出される。行為そのものが作品となる作家のアクティビティーを、映像や写真だけでなく作家本人の視点で物理的に切り出すアーカイブでもある。

■作品について

《Snap#TOKYO 2021_05》は、2019年秋に東京・日本橋で開催された美術展『un/real engine ―― 慰霊のエンジニアリング』(「TOKYO2021」プロジェクト)の制作現場にて、アーティストHouxo Que(ホウコォ・キュウ)が作品制作した際の痕跡をアーティスト藤元明が切り取ったもの。


■アーティスト・プロフィール

藤元明(ふじもと・あきら)は1975年東京生まれ。1999年コミュニケーションリサーチセンターFABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学大学院を修了(デザイン専攻)。東京藝術大学先端芸術表現科助手を経てNEW RECYCLE®をテーマとして、社会、環境などで起こる制御出来ない現象を社会へと問いかける展示やプロジェクトを立案・実施。

主な個展に『陸の海ごみ』(2019年、Gallery A4、東京)、『2021#ANTEROOM KYOTO』(2019年、HOTEL ANTEROOM KYOTO、京都)、『20世紀の亡霊』(2018年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『HEY DAY NOW』(2015年、COURTYARD HIROO ガロウ、東京)、『Energy Translation Now』(2014年、UltraSuperNew Gallery、東京)など。主なグループ展に『慰霊のエンジニアリング(TOKYO 2021美術展)』(2019年、TODA BUILDING、東京)、『アキラトアリキノアラタナアリタ:現代陶芸としての有田焼』(2017年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『ソーシャリー・エンゲイジド・アート:社会を動かすアートの新潮流』(2017年、アーツ千代田3331、東京)、『contact』(2015年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)など。  


Snap series

Snap (2019-) is a series in which the artist, Akira Fujimoto, cuts out the scenes involved in his own activities. Instead of clipping the landscape like a snapshot, the works are cut out from scenes within the territory of the artist's practice. It is also a physical archive of cutting out the practices of the artist, whose activities become a work as is, and not only as videos and photographs. 

■ About the work

 

Snap#TOKYO 2021_05 was cut out by Fujimoto from the scene where the artist Houxo Que created his own work when he participated in the group exhibition un/real engine——engineering of mourning (TOKYO2021) curated by Yohei Kurose, organized by Akira Fujimoto. 


■ Artist Profile

Akira Fujimoto was born in 1975 in Tokyo. After working at the communication research center FABRICA (Italy) in 1999, Fujimoto completed his M.Des. at Tokyo University of the Arts, moving on to become an assistant faculty of Intermedia Art, Tokyo University of the Arts. Fujimoto plans and implements exhibitions and projects where he questions phenomena that occur in society and the environment under the theme NEW RECYCLE®.

His major solo exhibitions include Marine Garbage of Land (2019, Gallery A4, Tokyo)2021#ANTEROOM KYOTO (2019, HOTEL ANTEROOM KYOTO, Kyoto)The 20th Century Ghost (2018, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo)HEYDAY NOW (2015, COURTYARD HIROO GALLERY, 2015), and Energy Translation Now (2014, UltraSuperNew Gallery, Tokyo). Group exhibitions include TOKYO 2021: Engineering of Mourning (2019, TODA BUILDING, Tokyo)akira, aliki, arata, arita: contemporary arita porcelain (2017, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo)Socially Engaged Art: A New Wave of Art for Social Change (2017, 3331 Arts Chiyoda, Tokyo), and contact (2015, KANA KAWANISHI GALLERY, Tokyo).

MORE

取り扱い KANA KAWANISHI GALLERY
サイズ 84.0 x 59.5 x cm
素材 paint drifts on plastic sheet
商品コード 1100002868
配送までの期間 2週間程度
カテゴリー