須藤絢乃は被写体の性別を超えた変⾝願望や理想像を写真に納め、少⼥漫画のカラー原稿と写真の狭間にあるような作品を発表している写真家です。⾏⽅不明の少⼥たちを題材にした《幻影》(2013)で、2014年キヤノン写真新世紀グランプリを受賞し、⼀貫して仮想世界と現実を⾏き来するようなシリーズを展開しています。

本作は、キヤノンのドリームラボで印刷された限定版写真集の刊⾏を記念して、2015年に逝去した画家、⾦⼦國義⽒の⾃宅で、2019年に取り壊される直前まで撮影した「Anima / Animus」シリーズです。

折に触れて、⾦⼦⽒の作品世界との接点を指摘されていた須藤は、「⾦⼦先⽣に会いに⾏かなければならない」という強い思いを抱えていました。しかし、遂に対⾯の機会が訪れたその⽮先、⾦⼦⽒はこの世を去ります。本作は、「その機会がもうこの世界に微塵も存在しない、という残酷な事実」(椹⽊野⾐による「Anima / Animus」寄稿⽂より)が作家を駆り⽴て、⾦⼦⽒の関係者たちの協⼒のもと制作が叶った作品です。

タイトルである、Anima (アニマ)は 男性の無意識内にある女性的な側面、Animus (アニムス)は女性の無意識内にある男性的な側面という意味があり、日本語では、「魂」という言葉があてられます。金子國義氏が描いてきた魅惑的な人物たちは、内なる魂の、いわば氏の分身の姿とも言えます。またそれらが日々生み出された「金子國義の家」には半世紀以上の月日をかけて地層のように重なった数え切れないオブジェクトの一つ一つに金子氏の愛と魂の吐息がかけられて、美しい亡霊のように訪れる人々の魂を誘います。須藤はその目に見えない「アニマ/アニムス」を擬人化し、ポートレートという手法を用いて、滅びゆく美しい部屋の中に宝石のように散りばめられていた魂の鱗片を今回発表する作品群「Anima/Animus」の中に収めました。

 

●展覧会情報

NADiff Gallery

須藤絢乃「Anima / Animus」

2022.01.07[金]—2022.01.28[日]

http://www.nadiff.com/?p=26184

MORE

須藤絢乃

Anima / Animus

2018

¥ 304,700 (税込)

須藤絢乃は被写体の性別を超えた変⾝願望や理想像を写真に納め、少⼥漫画のカラー原稿と写真の狭間にあるような作品を発表している写真家です。⾏⽅不明の少⼥たちを題材にした《幻影》(2013)で、2014年キヤノン写真新世紀グランプリを受賞し、⼀貫して仮想世界と現実を⾏き来するようなシリーズを展開しています。

本作は、キヤノンのドリームラボで印刷された限定版写真集の刊⾏を記念して、2015年に逝去した画家、⾦⼦國義⽒の⾃宅で、2019年に取り壊される直前まで撮影した「Anima / Animus」シリーズです。

折に触れて、⾦⼦⽒の作品世界との接点を指摘されていた須藤は、「⾦⼦先⽣に会いに⾏かなければならない」という強い思いを抱えていました。しかし、遂に対⾯の機会が訪れたその⽮先、⾦⼦⽒はこの世を去ります。本作は、「その機会がもうこの世界に微塵も存在しない、という残酷な事実」(椹⽊野⾐による「Anima / Animus」寄稿⽂より)が作家を駆り⽴て、⾦⼦⽒の関係者たちの協⼒のもと制作が叶った作品です。

タイトルである、Anima (アニマ)は 男性の無意識内にある女性的な側面、Animus (アニムス)は女性の無意識内にある男性的な側面という意味があり、日本語では、「魂」という言葉があてられます。金子國義氏が描いてきた魅惑的な人物たちは、内なる魂の、いわば氏の分身の姿とも言えます。またそれらが日々生み出された「金子國義の家」には半世紀以上の月日をかけて地層のように重なった数え切れないオブジェクトの一つ一つに金子氏の愛と魂の吐息がかけられて、美しい亡霊のように訪れる人々の魂を誘います。須藤はその目に見えない「アニマ/アニムス」を擬人化し、ポートレートという手法を用いて、滅びゆく美しい部屋の中に宝石のように散りばめられていた魂の鱗片を今回発表する作品群「Anima/Animus」の中に収めました。

 

●展覧会情報

NADiff Gallery

須藤絢乃「Anima / Animus」

2022.01.07[金]—2022.01.28[日]

http://www.nadiff.com/?p=26184

MORE

取り扱い NADiff a/p/a/r/t
エディション 1/7
サイズ 57.7 x 72.1 x cm
素材 インクジェット・プリント
商品コード 1100014085
配送までの期間 ご注文後にプリントと額を制作しますので、発送日に関しては、ご購入者へ別途ご連絡いたします。
目安:プリント制作に1〜2週間、額制作に約3週間
備考 ※額装込 上記サイズはシートサイズです
額(組寸88×110cm)、UVカットアクリル、裏打ち+厚口オーバーマット
カテゴリー

RELATED ART WORKS須藤絢乃の作品一覧