Probably Not a Bomb

Probably Not a Bomb

Probably Not a Bomb

Probably Not a Bomb_installation view

Probably Not a Bomb

Probably Not a Bomb_installation view

Probably Not a Bomb

Probably Not a Bomb_installation view

Probably Not a Bomb
Probably Not a Bomb_installation view
Probably Not a Bomb_installation view
Probably Not a Bomb_installation view

1976年コペンハーゲン生まれ、現在もその地で活動する作家、ヨハン・デックマンによるファウンド・オブジェと文字を組み合わせた立体作品です。

現役の心理療法士でもあるデックマンは言葉の力を巧みに操り、アート作品を通して私たちにユーモアを交えながらも意義深いメッセージを提示します。

”恐らく爆弾ではないだろう”と英語で描かれたスーツケース。その一言で何の変哲もないスーツケースが一変、不穏な空気感さえ醸し出しているように見えてきます。映画やドラマのワンシーンで重要な物品を運ぶ象徴としてしばしば用いられるスーツケースが、私たち集団意識の中にいかに浸透しているかを改めて認識することができます。

そして閉じられたスーツケースの中身については、作家のみぞ知る謎が残されています。

 

観る者を楽しませながらも気づきを与え、そして想像力を刺激することを目指すデックマンの作品。「私の作品の半分は、鑑賞者の想像力に応じてそれぞれの心の中で生み出され完成します」 とデックマンが語るように、本作はスーツケースの中身についての終わりのない議論を私たちにもたらします。

MORE

ヨハン・デックマン

Probably Not a Bomb

2017

¥ ASK

1976年コペンハーゲン生まれ、現在もその地で活動する作家、ヨハン・デックマンによるファウンド・オブジェと文字を組み合わせた立体作品です。

現役の心理療法士でもあるデックマンは言葉の力を巧みに操り、アート作品を通して私たちにユーモアを交えながらも意義深いメッセージを提示します。

”恐らく爆弾ではないだろう”と英語で描かれたスーツケース。その一言で何の変哲もないスーツケースが一変、不穏な空気感さえ醸し出しているように見えてきます。映画やドラマのワンシーンで重要な物品を運ぶ象徴としてしばしば用いられるスーツケースが、私たち集団意識の中にいかに浸透しているかを改めて認識することができます。

そして閉じられたスーツケースの中身については、作家のみぞ知る謎が残されています。

 

観る者を楽しませながらも気づきを与え、そして想像力を刺激することを目指すデックマンの作品。「私の作品の半分は、鑑賞者の想像力に応じてそれぞれの心の中で生み出され完成します」 とデックマンが語るように、本作はスーツケースの中身についての終わりのない議論を私たちにもたらします。

MORE

取り扱い MAKI
サイズ 25.0 x 40.0 x 13.0 cm
素材 Acrylic on leather suitcase
商品コード 1100013597
配送までの期間 ご入金確認後調整させていただきます。
カテゴリー