川俣正は、40年以上に渡り「美術と社会」をテーマに、既存の美術表現の枠組みを超えていく試みを世界各地で実践しているアーティストです。

アートの制作において、「プロジェクト」という言葉が日本で使われ始めた 80 年代、川俣はすでに準備、設置、そして解体までを含めたプロセス全体を作品とみなす、ワーク・イン・プログレス(work in progress)と言われるスタイルで制作していました。川俣のプロジェクトは、失業者や薬物依存患者など、社会的な問題を抱えた人たちとの協働であったり、旧炭鉱地域の人々など都市が持つ意味やそこに住まう人々との関係の構築であったり、建築や都市計画、歴史学や社会学、日常のコミュニケーション、あるいは人々の記憶や精神のありかたまでをも包括して常に変化しながら進行していきます。それはワーク・イン・プログレスの言葉の通り、未完であり、仮設であるという概念とともに、関わる人々の動きや新たな可能性の萌芽を促し、そして模型やレリーフやドローイングなど一つ一つがプロジェクトの実施に至るプロセスを内包して制作されます。

本作品は、1995年、ドイツのレックリングハウゼンのクンストハーレでインスタレーション作品を設置した際に制作されました。制作過程におけるスケッチや写真などの重層的なイメージによって、通常は完成作品しか見ることのない私たちに、プロセスこそが作品の本質であることを教えてくれます。

MORE

川俣正

Bunker

1995

¥ 165,000 (税込)

川俣正は、40年以上に渡り「美術と社会」をテーマに、既存の美術表現の枠組みを超えていく試みを世界各地で実践しているアーティストです。

アートの制作において、「プロジェクト」という言葉が日本で使われ始めた 80 年代、川俣はすでに準備、設置、そして解体までを含めたプロセス全体を作品とみなす、ワーク・イン・プログレス(work in progress)と言われるスタイルで制作していました。川俣のプロジェクトは、失業者や薬物依存患者など、社会的な問題を抱えた人たちとの協働であったり、旧炭鉱地域の人々など都市が持つ意味やそこに住まう人々との関係の構築であったり、建築や都市計画、歴史学や社会学、日常のコミュニケーション、あるいは人々の記憶や精神のありかたまでをも包括して常に変化しながら進行していきます。それはワーク・イン・プログレスの言葉の通り、未完であり、仮設であるという概念とともに、関わる人々の動きや新たな可能性の萌芽を促し、そして模型やレリーフやドローイングなど一つ一つがプロジェクトの実施に至るプロセスを内包して制作されます。

本作品は、1995年、ドイツのレックリングハウゼンのクンストハーレでインスタレーション作品を設置した際に制作されました。制作過程におけるスケッチや写真などの重層的なイメージによって、通常は完成作品しか見ることのない私たちに、プロセスこそが作品の本質であることを教えてくれます。

MORE

取り扱い MISA SHIN GALLERY
エディション A.P. 50
サイズ 34.5 x 99.0 x cm
素材 シルクスクリーン
商品コード 1100003081
配送までの期間 発送まで1~2週間程度
備考 エディション A.P.
Numbered, titled, signed, and dated
額装をご希望の場合は、お問い合わせください。
カテゴリー