• HOME
  • ARTWORKS
  • 丘の上には小さな家がある。その家には女が1人眠っている。家のまわりにはめくらやなぎが茂っている。めくらやなぎが女を眠りこませた。
丘の上には小さな家がある。その家には女が1人眠っている。家のまわりにはめくらやなぎが茂っている。めくらやなぎが女を眠りこませた。

detail

detail

黒宮菜菜の作品は主に人物像をモチーフとして、液状に溶いた油絵具による油彩作品と、重ねた和紙に染料を滲ませて描く紙作品、2タイプの技法を使い分けて制作されます。

画材の滲みをコントロールし、さらに描画を加えることでイメージの曖昧さを現実に引き寄せる描き方は、その綱引きのような微妙な行為自体が作品のコンセプトとも繋がっています。

今回出品の作品は、"近年とり組み始めた文学作品の視覚イメージ化"、"物質としての絵具の流動や移動といった現象に焦点を当てた" 絵画作品として2018年に制作された油彩作品です。視覚を伴わない文学作品のイメージ化は、イマジネーションとリアリティとの往還が境界をより曖昧なものとし、また"流動や移動といった現象に焦点を当て"ることで、見る人に状態や物事のうつろいを強く意識させます。

 

 

■ VOCA展2020 参加 (佳作賞 受賞)

MORE

黒宮菜菜

丘の上には小さな家がある。その家には女が1人眠っている。家のまわりにはめくらやなぎが茂っている。めくらやなぎが女を眠りこませた。

2018

¥ 440,000 (税込)

黒宮菜菜の作品は主に人物像をモチーフとして、液状に溶いた油絵具による油彩作品と、重ねた和紙に染料を滲ませて描く紙作品、2タイプの技法を使い分けて制作されます。

画材の滲みをコントロールし、さらに描画を加えることでイメージの曖昧さを現実に引き寄せる描き方は、その綱引きのような微妙な行為自体が作品のコンセプトとも繋がっています。

今回出品の作品は、"近年とり組み始めた文学作品の視覚イメージ化"、"物質としての絵具の流動や移動といった現象に焦点を当てた" 絵画作品として2018年に制作された油彩作品です。視覚を伴わない文学作品のイメージ化は、イマジネーションとリアリティとの往還が境界をより曖昧なものとし、また"流動や移動といった現象に焦点を当て"ることで、見る人に状態や物事のうつろいを強く意識させます。

 

 

■ VOCA展2020 参加 (佳作賞 受賞)

MORE

取り扱い ギャラリーノマル
サイズ 97.0 x 130.3 x cm
素材 oil on panel
商品コード 1100001591
配送までの期間 約2週間程度
カテゴリー

RELATED ART WORKS黒宮菜菜の作品一覧