上出惠悟は、2015年より熊に興味を持ち出します。熊に関する国内外の書物を読み、北海道に熊牧場を訪れたり、アイヌの資料館や木彫り熊の資料館に行ったり、また、マタギへの興味から岩手、青森、そして秋田で実際にマタギに会い、熊のいる森へ入りました。熊は古来より人間の暮らしと密接に関係していて、世界中に熊をあしらったキャラクターがあり、神として祭られている所もあります。

ハマ皿は、磁器を窯で焼成する時に、一点一点磁器と台の間に敷く円形の磁器す。熊と山水画が正に九谷焼の色彩でポップに描かれています。

 

【上出 惠悟 KAMIDE Keigo】

1981        石川県に生まれる

2006        東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業

石川県在住

 

個展

2019        「静物/Still Life」 (Yoshimi Arts/大阪)、「磁彫展」 (松坂屋名古屋店 美術画廊/名古屋)

2018        「磁彫展」 (横浜髙島屋 美術画廊/東京)、「声」 (t-gallery/東京)

2017        「わすればなん」 (東京日本橋髙島屋 美術画廊X/東京)

2016        「熊居樹孔」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2015        「山の熊か、熊の山か」 (松坂屋名古屋店 美術画廊/名古屋)

2014        「硯海の貝」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2013        「楽園創造(パラダイス)-芸術と日常の新地平-vol.3 上出惠悟」 (gallery αM/東京)、「游谷」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2012        「甘蕉」 (pARa:siTe/石川)

2011        「幽谷」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2010        「KUTANII CONNEXION」 (スパイラルガーデン/東京)

 

グループ展

2019        「開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために [2] 」 (金沢21世紀美術館/石川)、「名工 選「NEXT 九谷」」 (浅蔵五十吉美術館/石川<能美>) <KUTANism>、「カラフル・オーナメント・オブジェ・クタニ」 (九谷セラミック・ラボラトリー/石川<小松>) <KUTANism>、「第14回パラミタ陶芸大賞展」 (パラミタミュージアム/三重)

2017        「特別展 伝統と創造 現代九谷焼の旗手たち」 (富山市佐藤記念美術館/富山)

2015        「恋スル工芸展」 (黒部市美術館/富山県黒部市)

2014        「"Material and Form" in a digital age」 (Yoshimi Arts/大阪)、「美の予感 2014 -Metamorphose-」 (髙島屋 美術画廊/京都、大阪、名古屋、新宿、日本橋)

2013        「伝統を更新する「承」」 (銀座・和光/東京)

2010        「BASARA展」 (スパイラルガーデン/東京)、「第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ」 (金沢21世紀美術館/金沢)

2009        「医学と芸術展」 (森美術館/東京)

2007        「Montblanc Young Artist Patronage in Japan」 (モンブラン銀座本店/東京)

 

コレクション

 

金沢21世紀美術館、能美市、Japigozzi Collection、高橋コレクション、MONTBLANC JAPAN

 

MORE

上出惠悟

ハマ皿 松と立熊

2015

¥ LOGIN

上出惠悟は、2015年より熊に興味を持ち出します。熊に関する国内外の書物を読み、北海道に熊牧場を訪れたり、アイヌの資料館や木彫り熊の資料館に行ったり、また、マタギへの興味から岩手、青森、そして秋田で実際にマタギに会い、熊のいる森へ入りました。熊は古来より人間の暮らしと密接に関係していて、世界中に熊をあしらったキャラクターがあり、神として祭られている所もあります。

ハマ皿は、磁器を窯で焼成する時に、一点一点磁器と台の間に敷く円形の磁器す。熊と山水画が正に九谷焼の色彩でポップに描かれています。

 

【上出 惠悟 KAMIDE Keigo】

1981        石川県に生まれる

2006        東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業

石川県在住

 

個展

2019        「静物/Still Life」 (Yoshimi Arts/大阪)、「磁彫展」 (松坂屋名古屋店 美術画廊/名古屋)

2018        「磁彫展」 (横浜髙島屋 美術画廊/東京)、「声」 (t-gallery/東京)

2017        「わすればなん」 (東京日本橋髙島屋 美術画廊X/東京)

2016        「熊居樹孔」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2015        「山の熊か、熊の山か」 (松坂屋名古屋店 美術画廊/名古屋)

2014        「硯海の貝」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2013        「楽園創造(パラダイス)-芸術と日常の新地平-vol.3 上出惠悟」 (gallery αM/東京)、「游谷」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2012        「甘蕉」 (pARa:siTe/石川)

2011        「幽谷」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2010        「KUTANII CONNEXION」 (スパイラルガーデン/東京)

 

グループ展

2019        「開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために [2] 」 (金沢21世紀美術館/石川)、「名工 選「NEXT 九谷」」 (浅蔵五十吉美術館/石川<能美>) <KUTANism>、「カラフル・オーナメント・オブジェ・クタニ」 (九谷セラミック・ラボラトリー/石川<小松>) <KUTANism>、「第14回パラミタ陶芸大賞展」 (パラミタミュージアム/三重)

2017        「特別展 伝統と創造 現代九谷焼の旗手たち」 (富山市佐藤記念美術館/富山)

2015        「恋スル工芸展」 (黒部市美術館/富山県黒部市)

2014        「"Material and Form" in a digital age」 (Yoshimi Arts/大阪)、「美の予感 2014 -Metamorphose-」 (髙島屋 美術画廊/京都、大阪、名古屋、新宿、日本橋)

2013        「伝統を更新する「承」」 (銀座・和光/東京)

2010        「BASARA展」 (スパイラルガーデン/東京)、「第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ」 (金沢21世紀美術館/金沢)

2009        「医学と芸術展」 (森美術館/東京)

2007        「Montblanc Young Artist Patronage in Japan」 (モンブラン銀座本店/東京)

 

コレクション

 

金沢21世紀美術館、能美市、Japigozzi Collection、高橋コレクション、MONTBLANC JAPAN

 

MORE

取り扱い Yoshimi Arts
サイズ 24.2 x 24.2 x 0.7 cm
素材 磁器
商品コード 1100002329
配送までの期間 発送日時に関しては、購入者の方に別途ご連絡差し上げます。
カテゴリー