東京藝術大学の卒展制作の際、上出は油画専攻でしたが、140年以上続く実家窯元に戻り、それまであまり向き合って来なかった磁器に取り組みました。卒展で発表した《甘蕉》(かんしょう:バナナ)は、磁器を素焼きにした時の質感が果物に似ていると感じた初期衝動が、バナナの形として立ち上がった作品です。それ以来ライフワークとして制作し続けており、金沢21世紀美術館にも甘蕉作品は収蔵されています。

 

【上出 惠悟 KAMIDE Keigo】

1981        石川県に生まれる

2006        東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業

石川県在住

 

個展

2019        「静物/Still Life」 (Yoshimi Arts/大阪)、「磁彫展」 (松坂屋名古屋店 美術画廊/名古屋)

2018        「磁彫展」 (横浜髙島屋 美術画廊/東京)、「声」 (t-gallery/東京)

2017        「わすればなん」 (東京日本橋髙島屋 美術画廊X/東京)

2016        「熊居樹孔」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2015        「山の熊か、熊の山か」 (松坂屋名古屋店 美術画廊/名古屋)

2014        「硯海の貝」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2013        「楽園創造(パラダイス)-芸術と日常の新地平-vol.3 上出惠悟」 (gallery αM/東京)、「游谷」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2012        「甘蕉」 (pARa:siTe/石川)

2011        「幽谷」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2010        「KUTANII CONNEXION」 (スパイラルガーデン/東京)

 

グループ展

2019        「開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために [2] 」 (金沢21世紀美術館/石川)、「名工 選「NEXT 九谷」」 (浅蔵五十吉美術館/石川<能美>) <KUTANism>、「カラフル・オーナメント・オブジェ・クタニ」 (九谷セラミック・ラボラトリー/石川<小松>) <KUTANism>、「第14回パラミタ陶芸大賞展」 (パラミタミュージアム/三重)

2017        「特別展 伝統と創造 現代九谷焼の旗手たち」 (富山市佐藤記念美術館/富山)

2015        「恋スル工芸展」 (黒部市美術館/富山県黒部市)

2014        「""Material and Form"" in a digital age」 (Yoshimi Arts/大阪)、「美の予感 2014 -Metamorphose-」 (髙島屋 美術画廊/京都、大阪、名古屋、新宿、日本橋)

2013        「伝統を更新する「承」」 (銀座・和光/東京)

2010        「BASARA展」 (スパイラルガーデン/東京)、        「第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ」 (金沢21世紀美術館/金沢)

2009        「医学と芸術展」 (森美術館/東京)

2007        「Montblanc Young Artist Patronage in Japan」 (モンブラン銀座本店/東京)

 

コレクション

金沢21世紀美術館、能美市、Japigozzi Collection、高橋コレクション、MONTBLANC JAPAN

MORE

上出惠悟

甘蕉モビール 木瓜紋

2017

¥ CLOSED

東京藝術大学の卒展制作の際、上出は油画専攻でしたが、140年以上続く実家窯元に戻り、それまであまり向き合って来なかった磁器に取り組みました。卒展で発表した《甘蕉》(かんしょう:バナナ)は、磁器を素焼きにした時の質感が果物に似ていると感じた初期衝動が、バナナの形として立ち上がった作品です。それ以来ライフワークとして制作し続けており、金沢21世紀美術館にも甘蕉作品は収蔵されています。

 

【上出 惠悟 KAMIDE Keigo】

1981        石川県に生まれる

2006        東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業

石川県在住

 

個展

2019        「静物/Still Life」 (Yoshimi Arts/大阪)、「磁彫展」 (松坂屋名古屋店 美術画廊/名古屋)

2018        「磁彫展」 (横浜髙島屋 美術画廊/東京)、「声」 (t-gallery/東京)

2017        「わすればなん」 (東京日本橋髙島屋 美術画廊X/東京)

2016        「熊居樹孔」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2015        「山の熊か、熊の山か」 (松坂屋名古屋店 美術画廊/名古屋)

2014        「硯海の貝」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2013        「楽園創造(パラダイス)-芸術と日常の新地平-vol.3 上出惠悟」 (gallery αM/東京)、「游谷」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2012        「甘蕉」 (pARa:siTe/石川)

2011        「幽谷」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2010        「KUTANII CONNEXION」 (スパイラルガーデン/東京)

 

グループ展

2019        「開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために [2] 」 (金沢21世紀美術館/石川)、「名工 選「NEXT 九谷」」 (浅蔵五十吉美術館/石川<能美>) <KUTANism>、「カラフル・オーナメント・オブジェ・クタニ」 (九谷セラミック・ラボラトリー/石川<小松>) <KUTANism>、「第14回パラミタ陶芸大賞展」 (パラミタミュージアム/三重)

2017        「特別展 伝統と創造 現代九谷焼の旗手たち」 (富山市佐藤記念美術館/富山)

2015        「恋スル工芸展」 (黒部市美術館/富山県黒部市)

2014        「""Material and Form"" in a digital age」 (Yoshimi Arts/大阪)、「美の予感 2014 -Metamorphose-」 (髙島屋 美術画廊/京都、大阪、名古屋、新宿、日本橋)

2013        「伝統を更新する「承」」 (銀座・和光/東京)

2010        「BASARA展」 (スパイラルガーデン/東京)、        「第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ」 (金沢21世紀美術館/金沢)

2009        「医学と芸術展」 (森美術館/東京)

2007        「Montblanc Young Artist Patronage in Japan」 (モンブラン銀座本店/東京)

 

コレクション

金沢21世紀美術館、能美市、Japigozzi Collection、高橋コレクション、MONTBLANC JAPAN

MORE

取り扱い Yoshimi Arts
サイズ 25.0 x 13.0 x 13.0 cm
素材 磁器
商品コード 1100002002
配送までの期間 6月以降のお届けとなります。
備考 サイズは紐は除く。Yoshimi Arts Storage Tokyoで2020年6月まで展示。photo by YAMAGUCHI KENICHI
カテゴリー