• HOME
  • ARTWORKS
  • ♡ときめきエリカのテレポンクラブ♡ ポスター

おたく文化を援用し、風俗産業をモチーフにしています。ピンク色に興味を持ち、ピンクは、かわいいや女性的という意味と、わいせつや淫らなという両義的な意味があると考えて制作された作品。安価な紙にも刷られ、街中にばらまかれました。この作品はそれらとは違い、サイン・エディション付の限定品です。

西山美なコは、1980年代後半から巨大な「リカちゃんハウス」を思わせる作品や宝塚の書き割り風の作品など、少女文化を前面に出した立体作品で注目を集めました。その後、砂糖や卵白といったお菓子の材料を用いて作った王冠やバラなど、儚く壊れやすい作品を制作し始めます。おおよそ90年代前半に見られる前者の作品と、90年代後半から現れる後者の作品の表象の変化は一見連続性が無いように見えますが、それらは対照的に存在しているというよりも、もともと西山の作品の中に存在していたものだと思います。

 

【西山美なコ NISHIYAMA Minako】

1965        兵庫県に生まれる

1989        京都市立芸術大学美術学部油画専攻卒業

1991        京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

1997        Asia Cultural Councilの援助を受けてニューヨークに6ヶ月滞在

2003        Banff Creative Residency/カナダに参加

個展

2017        「MINAKO NISHIYAMA / wall works」 (Yoshimi Arts/大阪)、「MINAKO NISHIYAMA / drawings」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2007        「~いろいき~」 (京都芸術センター/京都)

2004        「Pink Vacancy 西山美なコ ライブ・ドローイング」(資生堂ギャラリー/東京)

2002        「スイート・ドリーム」 (三菱地所アルティアム/福岡)

1997        「ピンク♥ピんク♥ピんく」 (西宮大谷記念美術館/兵庫)

1995        「キュレイターズ・アイ95」 (ギャラリーNWハウス/東京)

1992        「♡ときめきエリカのテレポンクラブ♡」 (フォト・インターフォーム/インターフォーム・コンテンポラリー/大阪)

1988        (アート・スペース虹/ 京都)

グループ展

2016        「stereotypical」 (Gallery PARC/京都)

2015        「Kawaii」 (University for the Creative Arts Farnham/イギリス)、「おおいたトイレンナーレ 2015」 (大分)

2014        「うつろい」 (高松市美術館/香川)、「余裕満々」 (京都精華大学ギャラリーフロール/京都)、「六甲ミーツ・アート芸術散歩2014」 (兵庫)

2013        「六甲ミーツ・アート芸術散歩2013」 (兵庫)、「瀬戸内国際芸術祭2013」 (香川)、「アートにみる愛のかたち“Love展”」 (森美術館/東京)

2012        「AIR 3331」 (3331 Arts Chiyoda/東京)

2011        「Cafe in Mito 2011」 (水戸芸術館/茨城)

2009        「広瀬光治と西山美なコの“ニットカフェ・イン・マイルーム”」 (金沢21世紀美術館/金沢)、「女性アーティストとその時代」 (資生堂ギャラリー/東京)

2007        「美麗新世界:当代日本視覚文化」 (ロングマーチ/北京、広東美術館/広州)

2006        「LOEWE 160周年記念 ""Take me with you""」 (Salon de Baile/マドリッド、他)、「collection I」 (金沢21世紀美術館/金沢)

2005        「あらわになる色: Pink」 (東京芸術大学陳列館/東京)、「アニメイト。~日韓現代アートに見るアニメ的なもの~」 (福岡アジア美術館/福岡、省谷美術館/ソウル)

2004        「OFFICINA ASIA」 (Palazzo dell'Arengoi/リミニ(イタリア))、「夢みるタカラヅカ展」 (サントリーミュージアム天保山/大阪、東京オペラシティアートギャラリー/東京、そごう美術館/横浜)

2003        「party」 (CAP HOUSE/神戸)

2002        「A ★ MUSE ★ LAND 2003 あそベンチャー・ワールド」 (北海道立近代美術館/札幌)、「ぼくらのヒーロー&ヒロイン展」 (市立小樽美術館/小樽)

2001        「亜細亜散歩 –Cute」 (水戸芸術館現代美術ギャラリー/水戸)

2000        「Let’s Enterain」 (ウォーカー・アートセンター/アメリカ、ポーランド美術館/アメリカ、ボンピドゥー・センター/パリ、ウォルフスブルグ美術館/ドイツ、マイアミ美術館/アメリカ)

1999        「アート・スイート・ホーム」 (広島市現代美術館/広島)

1998        「マンガの時代」 (東京都現代美術館/東京)

1997        「デ・ジェンダリズム・回帰する身体」 (世田谷美術館/東京)

1992        「水戸アニュアル '92 “ 大きな日記/小さな物語」 (水戸芸術館現代美術ギャラリー/水戸)

コレクション

金沢21世紀美術館、高松市美術館、ドイツ銀行、トヨタアートコレクション

MORE

西山美なコ

♡ときめきエリカのテレポンクラブ♡ ポスター

1992

¥ 74,800 (税込)

おたく文化を援用し、風俗産業をモチーフにしています。ピンク色に興味を持ち、ピンクは、かわいいや女性的という意味と、わいせつや淫らなという両義的な意味があると考えて制作された作品。安価な紙にも刷られ、街中にばらまかれました。この作品はそれらとは違い、サイン・エディション付の限定品です。

西山美なコは、1980年代後半から巨大な「リカちゃんハウス」を思わせる作品や宝塚の書き割り風の作品など、少女文化を前面に出した立体作品で注目を集めました。その後、砂糖や卵白といったお菓子の材料を用いて作った王冠やバラなど、儚く壊れやすい作品を制作し始めます。おおよそ90年代前半に見られる前者の作品と、90年代後半から現れる後者の作品の表象の変化は一見連続性が無いように見えますが、それらは対照的に存在しているというよりも、もともと西山の作品の中に存在していたものだと思います。

 

【西山美なコ NISHIYAMA Minako】

1965        兵庫県に生まれる

1989        京都市立芸術大学美術学部油画専攻卒業

1991        京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

1997        Asia Cultural Councilの援助を受けてニューヨークに6ヶ月滞在

2003        Banff Creative Residency/カナダに参加

個展

2017        「MINAKO NISHIYAMA / wall works」 (Yoshimi Arts/大阪)、「MINAKO NISHIYAMA / drawings」 (Yoshimi Arts/大阪) 

2007        「~いろいき~」 (京都芸術センター/京都)

2004        「Pink Vacancy 西山美なコ ライブ・ドローイング」(資生堂ギャラリー/東京)

2002        「スイート・ドリーム」 (三菱地所アルティアム/福岡)

1997        「ピンク♥ピんク♥ピんく」 (西宮大谷記念美術館/兵庫)

1995        「キュレイターズ・アイ95」 (ギャラリーNWハウス/東京)

1992        「♡ときめきエリカのテレポンクラブ♡」 (フォト・インターフォーム/インターフォーム・コンテンポラリー/大阪)

1988        (アート・スペース虹/ 京都)

グループ展

2016        「stereotypical」 (Gallery PARC/京都)

2015        「Kawaii」 (University for the Creative Arts Farnham/イギリス)、「おおいたトイレンナーレ 2015」 (大分)

2014        「うつろい」 (高松市美術館/香川)、「余裕満々」 (京都精華大学ギャラリーフロール/京都)、「六甲ミーツ・アート芸術散歩2014」 (兵庫)

2013        「六甲ミーツ・アート芸術散歩2013」 (兵庫)、「瀬戸内国際芸術祭2013」 (香川)、「アートにみる愛のかたち“Love展”」 (森美術館/東京)

2012        「AIR 3331」 (3331 Arts Chiyoda/東京)

2011        「Cafe in Mito 2011」 (水戸芸術館/茨城)

2009        「広瀬光治と西山美なコの“ニットカフェ・イン・マイルーム”」 (金沢21世紀美術館/金沢)、「女性アーティストとその時代」 (資生堂ギャラリー/東京)

2007        「美麗新世界:当代日本視覚文化」 (ロングマーチ/北京、広東美術館/広州)

2006        「LOEWE 160周年記念 ""Take me with you""」 (Salon de Baile/マドリッド、他)、「collection I」 (金沢21世紀美術館/金沢)

2005        「あらわになる色: Pink」 (東京芸術大学陳列館/東京)、「アニメイト。~日韓現代アートに見るアニメ的なもの~」 (福岡アジア美術館/福岡、省谷美術館/ソウル)

2004        「OFFICINA ASIA」 (Palazzo dell'Arengoi/リミニ(イタリア))、「夢みるタカラヅカ展」 (サントリーミュージアム天保山/大阪、東京オペラシティアートギャラリー/東京、そごう美術館/横浜)

2003        「party」 (CAP HOUSE/神戸)

2002        「A ★ MUSE ★ LAND 2003 あそベンチャー・ワールド」 (北海道立近代美術館/札幌)、「ぼくらのヒーロー&ヒロイン展」 (市立小樽美術館/小樽)

2001        「亜細亜散歩 –Cute」 (水戸芸術館現代美術ギャラリー/水戸)

2000        「Let’s Enterain」 (ウォーカー・アートセンター/アメリカ、ポーランド美術館/アメリカ、ボンピドゥー・センター/パリ、ウォルフスブルグ美術館/ドイツ、マイアミ美術館/アメリカ)

1999        「アート・スイート・ホーム」 (広島市現代美術館/広島)

1998        「マンガの時代」 (東京都現代美術館/東京)

1997        「デ・ジェンダリズム・回帰する身体」 (世田谷美術館/東京)

1992        「水戸アニュアル '92 “ 大きな日記/小さな物語」 (水戸芸術館現代美術ギャラリー/水戸)

コレクション

金沢21世紀美術館、高松市美術館、ドイツ銀行、トヨタアートコレクション

MORE

取り扱い Yoshimi Arts
エディション ed.200 (サイン入り)
サイズ 59.2 x 41.9 x cm
素材 オフセット印刷 7色刷り コート仕上げ
商品コード 1100001901
配送までの期間 発送日時に関しては、購入者の方に別途ご連絡差し上げます。
備考 額装
カテゴリー