菅野由美子(すがの・ゆみこ)は東京造形大学卒業後の1986年「シドニー・ビエンナーレ」、1989年「第3回アジア美術展」(福岡市美術館、横浜美術館、韓国国立現代美術館巡回)など、国内外の展覧会に参加。女性美術家が台頭し始めた1980年代いわゆる「超少女」の一人として注目を集めました。当時はコンセプチュアルな立体の大作などを発表していましたが、1992年の個展を最後に制作活動を休止。そして15年ぶりとなった2007年の個展以降はそれまでの立体とは異なり、身の回りにある器のみを丁寧に描く古典的な油彩を発表しています。

中世ヨーロッパの静物画を彷彿とさせる、均一に塗られた背景に菅野が様々な場所で集めた器が、茶事の見立てのように物語に沿って選ばれていきます。よく見ると、それらはどこか擬人化された肖像画のようであり、また光線までも計算され、ほぼ実物大に描かれた静謐な画面は、何事も起こらない淡々と過ぎていく平和な日々の一場面のようですが、その静けさの奥にある力強い存在感によって、不思議と見るものが自身の内面へと導かれるようでもあります。菅野の作品はストイックであるがゆえに、小さな画面から無限の広がりへとイメージは膨らんでいきます。

MORE

菅野由美子 

two_23

2016

¥ 242,000 (税込)

菅野由美子(すがの・ゆみこ)は東京造形大学卒業後の1986年「シドニー・ビエンナーレ」、1989年「第3回アジア美術展」(福岡市美術館、横浜美術館、韓国国立現代美術館巡回)など、国内外の展覧会に参加。女性美術家が台頭し始めた1980年代いわゆる「超少女」の一人として注目を集めました。当時はコンセプチュアルな立体の大作などを発表していましたが、1992年の個展を最後に制作活動を休止。そして15年ぶりとなった2007年の個展以降はそれまでの立体とは異なり、身の回りにある器のみを丁寧に描く古典的な油彩を発表しています。

中世ヨーロッパの静物画を彷彿とさせる、均一に塗られた背景に菅野が様々な場所で集めた器が、茶事の見立てのように物語に沿って選ばれていきます。よく見ると、それらはどこか擬人化された肖像画のようであり、また光線までも計算され、ほぼ実物大に描かれた静謐な画面は、何事も起こらない淡々と過ぎていく平和な日々の一場面のようですが、その静けさの奥にある力強い存在感によって、不思議と見るものが自身の内面へと導かれるようでもあります。菅野の作品はストイックであるがゆえに、小さな画面から無限の広がりへとイメージは膨らんでいきます。

MORE

取り扱い ギャルリー東京ユマニテ
サイズ 53.1 x 15.5 x cm
素材 Oil on canvas
商品コード 1100002801
配送までの期間 発送日時に関しては、購入者の方に別途ご連絡差し上げます。
カテゴリー