川井は、ロンドン芸術大学チェルシーカレッジオブアートにて現代美術を学び、一度は美術から離れたものの、地元である茨城県の笠間で「土」という素材と出会うことで、制作活動を再開させました。川井の作品は「器」という形式を中心に据えて展開しています。しかしながら極めて複雑な造形とテクスチャーを有しているがゆえに、生活に根ざした「用の美」からはかなり逸脱しています。川井の「器」は用途性があるわけではありませんが「彫刻作品」というわけでもありません。川井の陶芸は現代の私たちが生活のなかで「使う」ための陶芸ではなく、作品を見た鑑賞者の目や知覚をなかば強制的に「使わせる」という性質を持っています。

 

【作家による作品説明】

色からの着想でできた作品。色の対比の効果でオレンジが陶器にはない蛍光色に見える。陶器という重い素材と軽薄な色の対比が、レトロフューチャーで昔のおしゃれ感を連想させる。昔はかっこいいと思っていたけれど今考えると少しダサい、いつも半ズボンを履いていたカジヒデキという渋谷系の歌手を思い出し、中途半端な丈の対比にした。

 

【作家略歴】

川井雄仁(かわい・かずひと)

1984年茨城県笠間市生まれ。ロンドン芸術大学チェルシーカレッジオブアートにて現代美術を学び、帰国後に陶芸と出会う。現在は茨城県笠間市にて制作を行う。主な展覧会に『Naughty Loneliness』(Sozo Salon2018年)、『The Kitsch』(t.gallery2019年)。出展アートフェアに『アート京都』(2019年)、『Design Miami』(マイアミ、2019年)、『Art Basel』(マイアミ、2019年)。主な収蔵に高橋コレクションなどがある。

MORE

川井雄仁

カジヒデキ

2019

¥ 308,000 (税込)

川井は、ロンドン芸術大学チェルシーカレッジオブアートにて現代美術を学び、一度は美術から離れたものの、地元である茨城県の笠間で「土」という素材と出会うことで、制作活動を再開させました。川井の作品は「器」という形式を中心に据えて展開しています。しかしながら極めて複雑な造形とテクスチャーを有しているがゆえに、生活に根ざした「用の美」からはかなり逸脱しています。川井の「器」は用途性があるわけではありませんが「彫刻作品」というわけでもありません。川井の陶芸は現代の私たちが生活のなかで「使う」ための陶芸ではなく、作品を見た鑑賞者の目や知覚をなかば強制的に「使わせる」という性質を持っています。

 

【作家による作品説明】

色からの着想でできた作品。色の対比の効果でオレンジが陶器にはない蛍光色に見える。陶器という重い素材と軽薄な色の対比が、レトロフューチャーで昔のおしゃれ感を連想させる。昔はかっこいいと思っていたけれど今考えると少しダサい、いつも半ズボンを履いていたカジヒデキという渋谷系の歌手を思い出し、中途半端な丈の対比にした。

 

【作家略歴】

川井雄仁(かわい・かずひと)

1984年茨城県笠間市生まれ。ロンドン芸術大学チェルシーカレッジオブアートにて現代美術を学び、帰国後に陶芸と出会う。現在は茨城県笠間市にて制作を行う。主な展覧会に『Naughty Loneliness』(Sozo Salon2018年)、『The Kitsch』(t.gallery2019年)。出展アートフェアに『アート京都』(2019年)、『Design Miami』(マイアミ、2019年)、『Art Basel』(マイアミ、2019年)。主な収蔵に高橋コレクションなどがある。

MORE

取り扱い 現代美術 艸居
サイズ 23.8 x 20.0 x 19.9 cm
素材
商品コード 1100004813
配送までの期間 1週間以内
備考 送料別
カテゴリー