• HOME
  • ARTWORKS
  • Low Pixel CG「思い出ごはん(ハンバーグ)」

本物の白いお皿に陶器のハンバーグと付け合わせの野菜。ハンバーグに突き刺さるのは本物のナイフとフォーク。偽物と本物が入り混じり、錯覚を覚えさせるその手法に驚きと作家のユーモアが感じられる作品です。

 

【作家の言葉】

陶芸といえば器(うつわ)というイメージがあり、器と料理はとても強い関係性にあります。

陶芸はとても長い時間この世に残る存在であるが、料理は短い時間で無くなってしまう存在であるため、その料理の部分をやきもので制作することで、料理の記憶を器と同じ時間残る存在にする試み。

料理も特別な料理ではなく、一般的によく目にする料理を選ぶことで多くの鑑賞者の今まで何処かで食べたときなどの状況や記憶が思い出せるようにしています。

そして、器部分は大量生産されている工業規格品の食器を使用し、作家の一点物の陶芸作品と大量生産の陶磁器を同時に提示することで、共にどちらも恒久性を持ったやきものであるということを表現する作品。

 

【作家略歴】

増田 敏也(ますだ・としや)

1977年大阪府生まれ。1999年大阪芸術大学芸術学部工芸学科金属工芸コース卒業。テレビゲーム上のドット絵のような陶の立体作品が、めざましテレビや週刊文春などのメディアでも取り上げられ注目を集める。主な受賞歴に1999年芸大生のわざ・ワザ展最優秀賞('00優秀賞)、2001年第7回素形材センターものづくりコンテスト奨励賞('02佳作)、2003年第26回長三賞陶芸展前衛部門長三賞、2005年第7回国際陶磁器展美濃陶芸部門審査員特別賞がある。主なコレクションはヴィクトリア・アンド・アルバート美術館(ロンドン)、アナドル大学美術館(トルコ)、兵庫陶芸美術館(兵庫)、増上寺(東京)など。

MORE

増田敏也

Low Pixel CG「思い出ごはん(ハンバーグ)」

2013

¥ 242,000 (税込)

本物の白いお皿に陶器のハンバーグと付け合わせの野菜。ハンバーグに突き刺さるのは本物のナイフとフォーク。偽物と本物が入り混じり、錯覚を覚えさせるその手法に驚きと作家のユーモアが感じられる作品です。

 

【作家の言葉】

陶芸といえば器(うつわ)というイメージがあり、器と料理はとても強い関係性にあります。

陶芸はとても長い時間この世に残る存在であるが、料理は短い時間で無くなってしまう存在であるため、その料理の部分をやきもので制作することで、料理の記憶を器と同じ時間残る存在にする試み。

料理も特別な料理ではなく、一般的によく目にする料理を選ぶことで多くの鑑賞者の今まで何処かで食べたときなどの状況や記憶が思い出せるようにしています。

そして、器部分は大量生産されている工業規格品の食器を使用し、作家の一点物の陶芸作品と大量生産の陶磁器を同時に提示することで、共にどちらも恒久性を持ったやきものであるということを表現する作品。

 

【作家略歴】

増田 敏也(ますだ・としや)

1977年大阪府生まれ。1999年大阪芸術大学芸術学部工芸学科金属工芸コース卒業。テレビゲーム上のドット絵のような陶の立体作品が、めざましテレビや週刊文春などのメディアでも取り上げられ注目を集める。主な受賞歴に1999年芸大生のわざ・ワザ展最優秀賞('00優秀賞)、2001年第7回素形材センターものづくりコンテスト奨励賞('02佳作)、2003年第26回長三賞陶芸展前衛部門長三賞、2005年第7回国際陶磁器展美濃陶芸部門審査員特別賞がある。主なコレクションはヴィクトリア・アンド・アルバート美術館(ロンドン)、アナドル大学美術館(トルコ)、兵庫陶芸美術館(兵庫)、増上寺(東京)など。

MORE

取り扱い 現代美術 艸居
サイズ 18.0 x 26.0 x 26.0 cm
素材 陶、皿、フォーク、ナイフ
商品コード 1100004732
配送までの期間 営業日1~2週間。
備考 梱包費込み、送料別
カテゴリー