鈴木琢未は、日常に潜む違和感やギャップ、他者と自分との関係性、人間の意識や感情を突き詰めながら描くことを心掛けている。存在感や多面性、それに伴う物語性を示しながら、そこにはある種の美しさを見出すことができる。「人が目にした光景は写真や映像で記録できるが、その時の感情は可視化されない。」と、鈴木は語った。彼の作品では、単にメディア媒体で記録されたリアリティとは別の、脳内に残る記憶によるペーソスを交えた非日常を描くことを試みた。本作品は、透明な箱に人が入っている様子を描きました。日々の息苦しさからの解放を求めるようなイメージを込めました。

MORE

行方

2020

¥ ASK

鈴木琢未は、日常に潜む違和感やギャップ、他者と自分との関係性、人間の意識や感情を突き詰めながら描くことを心掛けている。存在感や多面性、それに伴う物語性を示しながら、そこにはある種の美しさを見出すことができる。「人が目にした光景は写真や映像で記録できるが、その時の感情は可視化されない。」と、鈴木は語った。彼の作品では、単にメディア媒体で記録されたリアリティとは別の、脳内に残る記憶によるペーソスを交えた非日常を描くことを試みた。本作品は、透明な箱に人が入っている様子を描きました。日々の息苦しさからの解放を求めるようなイメージを込めました。

MORE

取り扱い KIYOSHI ART SPACE
サイズ 53.0 x 41.0 x cm
素材 アクリルガッシュ、ピグメント、ポリエステル布
商品コード 1100020536
配送までの期間 1週間程度(ギャラリーでのお渡しも可能です)
カテゴリー